[ニドアゲ]

2度揚げ

揚げものの調理法の一つで、低めの温度で揚げたあと、油の温度を上げて、やや高温の油でもう一度揚げること。

一度目で材料の中までほぼ火を通し、二度目で表面をカリッとさせる。

フライドポテトは、低温の油で、色づかない程度に、竹串がスッと通るまで揚げたら、いったん取り出し油をきる。食べる前に、高温の油でさっと色よく揚げる。
ポテトチップスを揚げるときも、同様にするとよい。

骨つきのとり肉や一尾の魚のから揚げ、小魚を骨まで食べられるように揚げるときにも、二度揚げすると中までしっかり火が通り、外はカラッと仕上がる。

【2度揚げ】に関連する料理用語

料理用語事典へ戻る