[シグレニ]

しぐれ煮

ごぼうとまぐろのしぐれ煮

ごぼうとまぐろのしぐれ煮

煮ものの一つで、魚介類を、しょうが、しょうゆ、みりん、砂糖で甘辛く煮たもののこと。

必ずしょうがを入れて煮るところから、しょうが煮とも呼ばれる。

もともとは、はまぐりをしょうがとしょうゆで辛く煮たもののことを「しぐれ煮」という。
はまぐりが、時雨(しぐれ)の降る初冬からおいしくなることから、産地である伊勢・桑名では、この煮ものを「しぐれ煮」「しぐれはまぐり」と名づけた。これが、調理名・料理名として残ったといわれる。

材料には、はまぐりのほか、あさり、赤貝、かつお、まぐろ、牛肉などが使われる。

【しぐれ煮】に関連する料理用語

料理用語事典へ戻る