みじん切り

[ミジンギリ]
たまねぎをみじん切りにする

切り方の名称の一つ。主に野菜に用いられる切り方で、材料を細かく刻むこと。

「みじん」とは細かいちりや細かくなったもののことをいう。一般に「みじん切り」というと2〜3㎜角、それより細かい「ごくみじん」は1〜2㎜角、大きい「粗みじん」は3〜4㎜角程度。

切り方は材料によって違う。多くの場合、せん切りにしてから、端を揃え、細かく切る。さらに細かくすることもある。このとき、包丁の先の背を押さえて支点にし、包丁の刃元を動かしながら刻む。

和・洋・中ともによく使われる切り方。主にねぎやたまぎなどをほかの材料と混ぜ合わせる場合や、セロリなどの香味野菜を刻む場合によく用いる。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //