やることはひとつだけ!快適な睡眠のための「ベッドの上は起きたらなんにもない」にする方法

#やってみた 

家の中にいらないものは「なんにもない」を目指して、日々試行錯誤中のゆるりまいです。

いつの頃からか、寝室のベッドの上は「起きたらなんにもない」状態にするようになりました。

ベッドの上はなんにもない状態


きっかけは、息子がベッドの上で遊びたがったことだったと思います。せっかくきれいにベッドメイキングしたのに、それを荒らされて目くじらを立てる…なんてことが続いていて、だったらいっそのこと日中はマットだけの状態にしちゃおう!と思い至ったのです。

やることはひとつだけ。朝起きたら掛け布団等を全て畳んで、足元のカゴへ。

起きたら掛け布団等は全て畳んでカゴへ


最初は面倒だったけど、だんだん慣れてくるとその方が掃除もしやすいことに気がつきました。
寝室の隣が私の仕事部屋なので、だらだら防止にも良いです(私は隙あらば寝ようとする女なので…)。

その日の温度に合わせて追及できる心地よい眠り

良い点はそれだけではありません。季節の変わり目など寒暖差の激しい季節には、その日その日の温度に合った掛け布団を選ぶことができるようになりました。

取りやすい位置にある、布団の待機場所


どうやら私は、年々暑さにも寒さにも弱くなっていくようで、ちょっとでも肌寒い夜は暖かくして寝なきゃ嫌だし、暑い日は徹底的に涼しくして寝たいし…と、体が落ち着く温度を追求するようになってしまったみたいなんです。(あまり寝る時のエアコンが好きではないので、ますます面倒なんですよね)

なので、寝具のバリエーションを何枚か用意し、それをその日の温度に合わせて組み合わせて使いたい、と思うようなりました。

さらに、布団の待機場所が寝ぼけていても取りやすい位置にあるというのは、今の自分にはとても合っています。

また夫や息子は私に比べて暑がりで、同じ季節でも三人それぞれ好む布団が違うので、それぞれが好きな布団を選べるのも便利です。

大事にしたのは掃除のしやすさ

籠の下には板を置いて、掃除がしやすい作りにしています。寝室はほこりが溜まりやすいので、直置きを止めるだけでぐんと掃除がしやすくなります。

掃除がしやすいよう籠の下には板を置いています


ホームセンターに売っていた板を組み合わせて作った簡単な台ですが、フロアワイプや掃除機が入る高さにしたことと、いらなくなったらすぐ解体できて別な用途でも活用できるところが、私のこだわりポイントです。

ホームセンターに売っていた板を組み合わせて作った台


籠はIKEAで買ったものです。まず見た目が好み!大きくて頑丈で、色合いが寝室のインテリアにも合うし、スタッキングもできるのでお気に入りです。

IKEAで買ったカゴ


健康に過ごすには、良い睡眠は欠かせません。質の良い睡眠をとるためにも、そして自分を甘やかすためにも、使い勝手の良い寝室作りを追求していきたいと思います!

使い勝手の良い寝室作りを追求


作=ゆるりまい




この記事に共感したら

ゆるりまい

ゆるりまい

仙台市在住。漫画家、イラストレーター。夫、母、息子の人間3人 +... もっと見る

Information



雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’22 7月号』情報はこちらから▼

食費を減らしたい!/豚しゃぶ肉をとことん使い倒す!!/家にあるもので作れるおやつ/ポン酢じょうゆの意外な使い方10/意外と誤解しているかも!?女性ホルモンのウソ・ホント/エアコンのスイッチ前にできる簡単&効果大の節約習慣/【はずせる保存版】時間がない日の冷凍うどんBOOK/【別冊付録】しんどくない片づけ術100






▼大人気漫画を無料で試し読み!連載まとめ一覧▼

他の無料試し読み作品

▼「コミックエッセイ」Instagramはじめました!▼
インスタ


おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧