やっぱり使うとラク~! スクイージーを使った窓ガラス拭き基本の方法 画像(1/1) スクイージーを使って時短&ラクに!

ガラス掃除にも洗剤を使いたいけど、雑巾を何枚も使うのがイヤ!という場合は、スクイージーを使うと時短&ラクにできますよ。


用意するもの

ガラス用洗剤、スクイージー、ボロ布、けばだたないクロス類(マイクロファイバークロスや古いTシャツを適当に切ったもの)、刷毛orブラシ


あると便利なもの

刷毛やブラシの代わりに、ストッキングだんご(※)

※古いストッキングの脚部分をカットし、古い靴下片足分をだんご状に丸めたものをつま先に入れます。それを芯にして残りのストッキングを包帯のようにクルクル巻いていき、最後に端を裏返して全体を包めば出来上がり!


やり方

1 砂ボコリなどの汚れがひどい屋外側からスタート。水を使う前に、乾いた状態の汚れを刷毛かブラシ(もしくはストッキングだんご)で上から下へ一方向にスーッスーッと払い落とします。下にたまった汚れは最後に横一方向に拭けばOK。

2 ガラス用洗剤を窓ガラスにZ字にスプレーします。洗剤が下にたれても慌てずに。たれることで全体に広がらせることがミソです。汚れがひどい場合は、小さめのZ字をいくつか描いても。

3 スクイージーで上から下へ一方向に汚れを落としていきます。最後に下にたまった汚れはスクイージーを横一方向に動かして、まとめて取り除きます。

4 けばだたないクロスで上から下へ一方向に仕上げ磨きしていきます。古いTシャツなどを使うときは、筒状に丸めて拭くと力がしっかり入ります。

※洗剤によっては、仕上げ磨きの前に水拭きが必要なものもあるので確認を。

5 室内側も同様に。


ポイント

スクイージーを使うときは、ガラス面に当たるゴム部分を少し斜めにすると、引っかからずにスムーズに動かせます。ひと拭きするごとにゴム部分にたまった汚れや洗剤分をボロ布で拭き取ることも大事。



スクイージーは100均でも手に入るので、水拭き&から拭きの手間を省略したい人はぜひ試してみて!