肌寒い日の定番料理♪ 今が旬の「鮭」を使った鍋もの3選 画像(1/3) 「塩鮭とキャベツのチゲ」

これから鍋が大活躍する季節がやってきますね。家で鍋料理が待っていると、自然と帰りは早足になってしまうもの。そこで今回は、鮭を使った鍋もの3選を紹介します。だしも具材も好みに合わせて自由にアレンジ可能な鍋。旬の鮭を取り入れれば、季節を感じながらポカポカと体が温まりますよ。

塩鮭とキャベツのチゲ

【材料・2人分】

塩鮭 2切れ、卵 2個、キャベツ 1/4個、白菜キムチ 100g、にんにくの薄切り 1片分、煮汁(昆布[8×10cm] 1枚、みそ 大さじ2、水 3カップ)、ごま油

【作り方】

1. 鮭は一口大に切る。キャベツは5cm角に切る。キムチはざく切りにする。

2. 鍋にごま油大さじ1/2とにんにく、キムチを入れて中火にかけ、さっと炒める。キムチは炒めて香りをアップ。

3. 香りが立ったら煮汁の材料を加えて混ぜ、煮立ったら、鮭とキャベツを加えて約5分煮る。卵を割り入れてふたをし、好みの加減に火を通す。

(1人分321kcal、塩分4.8g)

チゲだしでやわらかくなったキャベツをバクバク食べられる鍋もの。ピリ辛のキムチがたっぷり入っているので、燃焼効果がさらにアップします。最後に落とす卵には、お好みの加減で火を通してくださいね。

白菜と鮭のみぞれ鍋

“みぞれ”を演出する大根おろしとピンク色の鮭が鮮やかな見た目です。ポン酢じょうゆはたっぷりつけるのがおすすめ。

肌寒い日の定番料理♪ 今が旬の「鮭」を使った鍋もの3選 画像(3/3) 粗くほぐした鮭にだしがしみ込む!「白菜と鮭のみぞれ鍋」

海鮮トマトチゲ鍋

トマトはあらかじめ焼いておくと甘みがぐんとアップ。真っ赤なトマトとパプリカは見ているだけで心が温まります。

肌寒い日の定番料理♪ 今が旬の「鮭」を使った鍋もの3選 画像(6/3) 「海鮮トマトチゲ鍋」

鮭は水のうちから鍋に入れると生臭くなってしまうので、必ず沸騰してから入れましょう。白米のおかずとしてはもちろん、食べ終わったあとのおじやもたまらない鍋もの。魚が苦手な子どもでも、鍋なら克服できるかもしれませんね。