【きのう何食べた?】シロさん曰く「テキトーおかず」。でもご飯にバッチリ合う「チキントマト煮」を作ってみた 画像(2/2) トマトの酸味でモリモリ食べられる!

「あのキャラはどうやって再現されるのか」という点に話題が集中している感のあるドラマ「きのう何食べた?」。第3話は「ジルベール妄想バージョン」の登場で盛り上がりましたね。ジルベールとは、少女漫画界伝説のキャラクター。華麗なタッチで少年愛を描いた『風と木の詩』という作品に登場する、退廃的な魅力を振りまく小悪魔美少年です。主人公シロさんが買い物仲間の主婦宅で、「ゲイ同士だからお友だちになったら?」と死ぬほど雑な理由で紹介された「小日向さん」が、自分の恋人をそう表現します。思わずシロさんが脳内で再生してしまったジルベールが、ハーゲンダッツ(しかもマルチパック)という庶民的な贅沢を欲求している展開に、食べ物にこだわるよしながふみ(原作者)節を堪能させていただきました。


さて、そんな風にプライベートでも仕事でも、いろいろな人に振り回されるシロさんはお疲れ気味。「テキトーおかず」として、パパッと作るのが「チキンのトマト煮」なんでありました。ホント主婦力高いぜ……(自分だったら絶対レトルトか出前か外食)。


【きのう何食べた?】シロさん曰く「テキトーおかず」。でもご飯にバッチリ合う「チキントマト煮」を作ってみた 画像(3/2) クツクツ煮詰めるだけで「料理している感」高まります(ふだんどれだけ手抜き……)

作り方は塩コショウした鶏肉をフライパンで両面焼き、いったん肉を取り出してから、鶏から出た脂でたまねぎ薄切りしとニンニクみじんぎりを炒める。


たまねぎに火が通ったら冷凍しめじをノリで投入、トマト缶を1/2缶&1缶分の水を加え、コンソメで煮込んでいきます。トマトソースの水気が少々飛んできたら、鶏肉を戻して煮込んでいく。でも味が何だかきまらない……ということで、シロさんはピザ用チーズもパラリ。仕上げにこしょうをして、完成!


我が家はもも肉があると、子供向けに唐揚げかチキンソテーにしてしまうが、これだと野菜ときのこも食べられてヘルシーだな~。味はチーズのコクがあるけど、意外とあっさり。何食べでは豆ごはんと一緒に食べていたけど、どちらも香りがアクセントになるメニューですね。3歳娘は見慣れないメニューだったので手をのばさなかったが、後日トマトソースの部分を少量のお湯でのばしてスープっぽくしてみたら「わあ~」と喜んでたいらげていました。


特別オシャレな感じでないごく普通のレシピって、改めてチェックする機会が少ないので、このドラマめっちゃ重宝するかも。


文=スモモスキー