【時短レシピ】彩り&食感よし!名残惜しい旬魚をおいしく。「たらの甘酢炒め」 画像(1/3) れんこんの歯ごたえがアクセントに

冬が旬のたらももう少しで食べおさめ。最後までおいしく、でもマンネリじゃない食べ方で楽しみましょう! れんこんと合わせて食感の違いを出し、しょうががかくし味の甘酢で味つけ。魚が苦手な子どもも、これなら喜んで食べてくれますよ。お弁当にもぜひ。


【たらの甘酢炒め】(1人分177Kcal、塩分2.2g、調理時間10分)


<材料・2人分>生だら2切れ、れんこん100g、小松菜1/2わ、合わせ調味料(おろししょうが小さじ1/4、しょうゆ・みりん各大さじ1、酢小さじ2、酒小さじ1)、塩、こしょう、小麦粉、サラダ油


<作り方>

1.れんこんは1cm厚さの半月切りにし、さっと水にさらして水けをきる。小松菜は3cm長さに切る。たらは3~4等分に切り、塩、こしょう各少々をふって、小麦粉小さじ2をまぶしつける。

2.フライパンに油小さじ2を熱し、たらを皮目を下にして並べ入れて焼きつけ、焼き色がついたら上下を返す。たらを端に寄せて、あいたところにれんこんを入れ、両面をこんがり焼きつける。

3.小松菜を加えて強火にし、全体を混ぜ合わせてさっと炒め、合わせ調味料を加えて手早く炒め合わせる。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】