たまにはじっくり手間をかけて! 今だけの贅沢を噛みしめたい絶品栗料理5選

#食 
「栗ご飯」

秋の味覚といえば栗。素材本来のやさしい甘さが味わえるのは、今の季節だけの贅沢です。日々のご飯作りを時短レシピでかしこく回すのも大切だけど、たまにはゆっくりじっくり料理をするのも楽しいもの。時間に手伝ってもらって作る一品は格別のおいしさです!

栗ご飯

【材料(作りやすい分量・2〜3人分)】
栗…300g、米…1と1/2合、もち米…1/2合、砂糖、しょうゆ、塩

【下ごしらえ】
1.ボウルに栗とかぶるくらいの熱湯を注ぎ、熱湯がさめるまでおく。

2.栗を取り出して水けをペーパータオルでよくふき取り、皮をむく。皮は、まず鬼皮のざらざらした部分に包丁の刃元を少し差し込み、とがったほうへ向かってはぎ取る。

3.鬼皮をすべてむいたら、鬼皮のときと同じ向きに、包丁を入れて渋皮をむく。

【作り方】
1.栗が大きければ半分に切って小鍋に入れ、かぶるくらいの水を加えて火にかける。煮立ったら弱めの中火にして2~3分ゆで、湯が濁ったら、ざるにあけて湯をきる(湯が写真より黒く濁る場合はもう一度ゆでこぼす)。栗は収穫してから時間がたつとアクや渋みが出るので、ゆでて取り除く。

2.1の栗を小鍋に戻し、かぶるくらいの水、砂糖大さじ1、しょうゆ小さじ1、塩少々を入れて火にかける。煮立ったら弱めの中火にし、7~8分煮る。栗と煮汁に分ける。栗は、炊飯器で炊く前に煮てうすく味をつけておくと、風味が増す。この段階で、栗には七分通り火が通るくらいでよい。

3.米、もち米はそれぞれ洗ってざるに上げ、30分以上おく。炊飯器に米ともち米を入れて混ぜ、水2カップ強(米全体の1.2倍)を注ぐ。塩小さじ1/2、2の栗、煮汁大さじ2を加えて軽く混ぜ、普通に炊く。炊き上がったらさっくりと混ぜる。好みでごま塩をふっても。栗を煮た汁を加えて炊くと、ご飯にも栗の風味がつき、味がまとまる。
(1人分472kcal、塩分1.4g 調理/中村成子 栄養計算/スタジオ食)

栗の実がごろごろ入った風味豊かな栗ごはん。皮をむいた栗は少量の砂糖としょうゆで軽く下煮して、うまみを引き出します。うるち米にもち米を加えて炊くと、もちもちした食感に。初めてでもおいしく作れますよ♪

この記事に共感したら

Information

レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!


ほかにもいろいろ!「」のレシピ

■レンジで完成!ボリューム肉レシピ特集はこちら


これもレンジでできちゃうの⁉驚き満載のレンチン肉レシピ


■秋の味を楽しもう!ハロウィンレシピ特集はこちら


秋においしい食材を使ったり、簡単にできて映えるレシピを集めました!







おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //