栗とほうれん草のグラタン

303kcal
1.5g
栗とほうれん草のグラタン
栗とほうれん草のグラタン

おいしく食べて元気をつくる野菜レシピ

伊藤朗子さんのレシピ

栗のほんのり甘く、こうばしい香りがアクセント

材料(10×15cmの耐熱容器2個分・2人分)

栗…大6個
ハム…2枚
牛乳…1カップ
粉チーズ…大さじ1/2
ほうれん草…1/2わ
玉ねぎの縦薄切り…1/2個分
バター、小麦粉、塩、こしょう、パン粉

作り方

  1. 栗は鍋に入れてたっぷりの水を注ぎ、強火にかける。沸騰したら中火で40〜50分ゆでる。途中水面から栗が出るなら湯を足す。1個取り出して半分に切ってスプーンですくい、中までやわらかければざるにあける。かたければ、さらに5〜10分ゆでる。栗は多めにゆでて、グラタンに使う以外はゆで栗として楽しんでも。
    水から40〜50分かけてゆでて栗の甘みを引き出す。
  2. 座(頭ではないほう)に鬼皮ごと横に切り目を入れ、鬼皮を頭のほうに向かってむく。渋皮も頭に向かってむく。3個は粗く刻み、残りの3個は四つ割りにする。
    ゆで栗は座から切り目を入れて、鬼皮を引っ張るようにして頭に向かってむく。
    渋皮も頭に向かってはがすようにむく。
  3. ほうれん草は熱湯でゆでて水にとり、水をよく絞って3cm長さに切る。ハムは半分に切って、横2cm幅に切る。
  4. フライパンにバター大さじ1を溶かし、玉ねぎを入れて、焦げないように炒める。しんなりしたら、ハムと2の刻んだ栗を加えて炒め合わせ、全体にバターがまわったら小麦粉大さじ1をふり入れる。粉っぽくなくなるまで炒めたら牛乳を加えて混ぜ、1〜2分とろみがつくまで煮たら、ほうれん草の水を絞って加える。塩小さじ1/4弱、こしょう少々で調味し、ふつふつとしたら火を止める。
    ほうれん草は牛乳を加えてとろみがついてから加えると、緑色が濁りにくい。
  5. 耐熱容器にバター少々を薄くぬり、4を入れる。2の四つ割りにした栗をのせて粉チーズをかけ、パン粉を大さじ1ずつかけて、オーブントースターで7〜8分、焼き色がつくまで焼く。途中、焦げるようであればアルミホイルをかぶせて。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

伊藤朗子
伊藤朗子
料理家、野菜ソムリエ。料理教室「I's kitchen (アイズ キッチン)」主宰。「やさしい味の飽きない料理」をテーマに、雑誌やイベントなどで活躍。著書に「1週間で1500円レシピ」(KADOKAWA)など。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 洋食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 竹内章雄

食材の扱い方・ポイント

栗
ホクホクでやさしい甘さがうれしい栗。日本の秋の味覚です。皮をむく手間はかかりますが、皮が…
ハム
ハム
豚肉の保存食品の一つで、本来は、豚の骨つきもも肉の加工品のこと。日本では、加熱製品が多く…
ほうれん草
ほうれん草
冬においしい緑黄色野菜の代表です。寒くなるにつれて緑が濃くなって甘みが増し、ビタミンも豊…
玉ねぎ
玉ねぎ
生で、炒めて、煮て、揚げて、焼いてと、いろいろに調理され、和・洋・中、いずれの料理でも使…

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ31486品をご紹介!