だし代わりに乾物をちょい足し! かぶの甘みが際立つ「かぶのとろろ昆布風味」

#食 
「かぶのとろろ昆布風味」

和食の基本ともいえるのが、「だし」をベースにした料理。「だし」には旨み成分がふんだんに含まれていて、素材本来の持ち味をぐっと引き出すパワーがあります。とはいえ鰹節と昆布でだしをとるのは、けっこう手間がかかるもの。そこで「とろろ昆布」の出番です! 昆布を繊維状に薄く削ったとろろ昆布は、だし代わりに使える優秀食材。旬の野菜にあえれば、品のあるやさしい風味が手軽に楽しめますよ。

かぶのとろろ昆布風味

【材料・2人分】
かぶ…2個、かぶの葉(中心のやわらかい部分)…2個分、とろろ昆布…3g、ごま油、塩、酢

【作り方】
1.かぶは縦半分に切って縦薄切りにする。かぶの葉は3cm長さに切る。とろろ昆布はキッチンばさみで細かく切る。

2.フライパンにごま油小さじ1を熱し、かぶを入れて炒める。全体に油がまわったら、塩少々、酢小さじ1をふり、かぶの葉を加えてさっと炒める。火を止め、とろろ昆布を加えてからめる。
(1人分42kcal、塩分0.4g 調理/伊藤朗子 栄養計算/スタジオ食)

だしの旨みや香りによって素材のおいしさが引き出されるから、いつもの野菜がさらにおいしく食べやすい味に。野菜嫌いのお子さんも、とろろ昆布を活用したメニューなら案外すんなり食べられるかも?

文=齋藤久美子

この記事に共感したら

Information

レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!


ほかにもいろいろ!「とろろ昆布」のレシピ

■レンジで完成!ボリューム肉レシピ特集はこちら


これもレンジでできちゃうの⁉驚き満載のレンチン肉レシピ

■毎日食べたい鍋特集はこちら


“体ぽかぽか、栄養満点!好みに合わせて選べる鍋レシピいろいろ”







Let’s!和ごはんプロジェクト
忙しい子育て世代に、子どもが身近・手軽に「和ごはん」を食べる機会を増やしてもらうため、企業等の新たな商品・サービスの開発・販売、子ども向けメニューの展開等を促進するためのプロジェクトです。このプロジェクトを通じて、味覚が形成される子どものうちに、和食の味や食べ方の体験の機会を増やし、ユネスコ無形文化遺産に登録された和食文化の保護・継承につなげていきます。

Let’s!和ごはんプロジェクトウェブサイト
和ごはん月間特設ページ

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //