たれがないならキムチを巻けばいいんじゃない?「ゆで豚とキムチのレタス包み」

#食 
「ゆで豚とキムチのレタス包み」

ゆで豚は、「早い」「おいしい」「ヘルシー」と三拍子揃ったへとへとさんにうれしいおかず。ポン酢やごまだれ、キムチ、塩だれ…とつけだれのバリエーションもいろいろあって、その日の気分で選べる楽しさもありますよね。時にはたれにつけずにキムチと一緒に食べる、というのもアリ! 「ゆで豚とキムチのレタス包み」は、豚しゃぶとキムチをサニーレタスに包みながらいただくレシピです。食卓で包むのもなんだか楽しいし、なにより準備がとってもラク。残ったゆで汁にレタスを入れ、ごま油と塩・こしょうで調味すれば、スープも1品できちゃいます。

ゆで豚とキムチのレタス包み

【材料・2人分】
豚ロースしゃぶしゃぶ用肉…300g、サニーレタス…約150g、白菜キムチ…100g、水

【作り方】
1.鍋に水2カップを入れて火にかける。五百円玉大の泡がぽこぽこと出るくらいに沸いたら、水1と1/4カップを足して弱めの中火にする。これで湯温が約70℃になる。

2.豚ロースしゃぶしゃぶ用肉を3〜4枚ずつ湯に入れてゆらゆらさせる。色が変わったらざるに取り、湯をきる。ゆで汁は「サラダ菜のスープ」(下記よりレシピページへ)用にとっておく。

3.器に2の肉、サニーレタス、白菜キムチを盛る。サニーレタスで豚肉と白菜キムチを包んで食べる。
(1人分394kcal、塩分1.3g 調理/小林まさみ 栄養計算/スタジオ食)

豚肉にはビタミンやミネラルがたっぷり。忙しくて疲れがたまりやすい年末年始にも積極的にとりたい食材です。薄切り肉は火を通すとすぐに固くなってしまうため、ゆですぎには注意です。まとめて入れると肉同士がくっついてしまうので、1枚ずつ投入を。ぐつぐつ煮えた湯よりも、このレシピのように温度を下げた湯でゆでた方がやわらかく仕上がりますよ。

文=齋藤久美子

この記事に共感したら

Information

レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!


こちらもチェック!


ほかにもいろいろ!「ゆで豚」のレシピ

■プチ贅沢したいときのおつまみ特集はこちら


“ちょっといいお酒、ちょっと特別なイベントがあるときにぴったりな簡単&おいしいレシピ”

■毎日食べたい鍋特集はこちら


“体ぽかぽか、栄養満点!好みに合わせて選べる鍋レシピいろいろ”






おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //