「ごちそう」がすぐ出来!オイルサーディン缶のアレンジレシピ5選

#食 
「オイルサーディンのトマトマリネ」 レタスクラブニュースより


普段使いしているコーン缶やツナ缶に比べると、ちょっぴり“ごちそう感”のあるオイルサーディン缶。いわしをオリーブ油や大豆油に漬け込んで塩だけで味付けをしているので、いわしのうまみをダイレクトに味わえます。オイルサーディンは、お料理に使っても抜群のおいしさを発揮。マリネやご飯ものなど、いろいろなシーンで使えるお料理をご紹介します。

【オイルサーディンのトマトマリネ】(1人分236Kcal、塩分0.6g)


<材料・2人分>オイルサーディン缶 1缶(約100g)、玉ねぎの縦細切り 1/4個分、トマト 小1個、レモン(国産) 1/8個、マリネ液(レモン汁 大さじ1と1/2、オリーブ油 大さじ1/2、塩、砂糖、こしょう 各少々)

<作り方>

1. 玉ねぎは水に約5分さらし、水けをしっかりきる。トマトは1cm角に切る。レモンは薄いいちょう切りにする。

2. バットにマリネ液の材料を混ぜ合わせ、オイルサーディンの缶汁をきって、1とともに加えて混ぜ、約5分おく。

レモンのさわやかな酸味がオイルサーディンのおいしさを引き立てます。オイルサーディンと切った野菜をマリネ液に5分漬け込めば完成なので、手早く作れるのもうれしいところ。食事の前菜やワインのおつまみとして活用してくださいね。

【からし風味のサーディン丼】


貝割れ菜と粒マスタードのピリッとした辛さがオイルサーディンにマッチ。お酒を飲んだあとの締めにもぴったりです。

「からし風味のサーディン丼」 レタスクラブニュースより


【サーディンの香り炒めあえ】


カレーの香りが食欲をそそる1品。味が均一になるように調味料はしっかり混ぜます。

「サーディンの香り炒めあえ」 レタスクラブニュースより


【オイルサーディンの即席ベネチア風】


白ワインビネガーを使って風味豊かに仕上げるのがベネチア風。缶詰とは思えない本格的な味です。

「オイルサーディンの即席ベネチア風」 レタスクラブニュースより


【サーディンの和風ねぎパスタ】


にんにくのみじん切りと一緒にオイルサーディンをこうばしく炒めます。たっぷりの万能ねぎをアクセントに。

「サーディンの和風ねぎパスタ」 レタスクラブニュースより


オイルサーディン缶はスーパーでも手軽に入手できます。品物にもよりますが、お値段は200円から500円程度。いろいろなお料理に使えるので、これを機に買い置きしておくのもおすすめです。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)