おなじみメニューを「絶品」に作る! 丼ものをとびきりおいしく仕上げる基本のキ

#食 
「中華丼」

おうちご飯がすっかり定着したものの、やっぱりお店のような味が食べたい…それなら、そんな時は基本のレシピに立ち返ってみるのはいかがでしょう。イチから丁寧に作ってみることで、おいしく仕上がるコツが見えてくるはず。時間があるときに作ってみて、毎日のお料理に活かしてください!

中華丼

【材料・2人分】
豚薄切り肉…50g、ロールいか…1ぱい分、白菜…大2枚、にんじん…5〜6cm、きくらげ…6個、うずらのゆで卵…4個、しょうが…1/2かけ、にんにく…1/2片、長ねぎ…5cm、合わせ調味料(オイスターソース…小さじ2、酒…大さじ1、こしょう…少々、水…80ml、とりガラスープの素…小さじ1)、ご飯…どんぶり2杯分、水溶き片栗粉(片栗粉小さじ2+水大さじ2)、ごま油

【作り方】
1.きくらげは水でもどしてかたい石づき部分を取る。しょうが、にんにく、ねぎはみじん切り、いかはそぎ切り、にんじんは短冊切りにし、白菜は5cm幅に切る。豚肉は3cmくらいに食べやすく切る。

2.合わせ調味料の材料を混ぜ合わせ、片栗粉は水で溶いておく。

3.フライパンにごま油大さじ1、しょうが、にんにく、ねぎを入れ、香りが出たらにんじん、豚肉を加えて炒め、肉の色が変わったら白菜の軸の部分を加えてざっと炒め、白菜の葉、きくらげ、いか、うずらの卵を入れて炒め合わせる。

4.白菜に火が通ったら合わせ調味料を加え、煮立ったら材料をかき混ぜながら、水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。仕上げにごま油少々で香りづけをする。

5.どんぶりにご飯を盛って4をのせる。好みでラー油をかけても。
(1人分592kcal 調理/井澤由美子 栄養計算/スタジオ食)


具だくさんの中華丼は見た目も華やか。食材1つ1つから旨みがしみ出した中華あんも絶品です。しょうがとにんにくを炒める際は、香りが立ってから食材を加えて。最後にごま油を少し加えるのも、風味豊かに仕上げるコツです。

次ページ:まだある!基本の丼のアイデア4つはこちら(2/2)

この記事に共感したら

Information

レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!

ほかにもいろいろ!「」のレシピ

■作りおき特集はこちら


明日のごはん作りがちょっとラクになるお役立ちレシピ

■時短レシピ特集はこちら


“プロの時短テクニックが効いたレシピで栄養たっぷりのごはんが手間なく簡単に作れる”





おすすめ読みもの(PR)