豆腐とひき肉のベストバランスは? ヘルシーふわふわだねで「豆腐ハンバーグ」

#食 
豆腐2:ひき肉1がベストバランス!「豆腐ハンバーグ」

ダイエット中だけど、ハンバーグが食べたい! となれば、真っ先に思いつくのは「豆腐ハンバーグ」。でも、水っぽくなったり、食べごたえが物足りなかったり、豆腐だねの黄金比は意外と難しい...。

そこで「豆腐おかずでやせる」今回は「豆腐ハンバーグ」。豆腐だねは、豆腐2:ひき肉1がベストバランスですよ!

*  *  *

▶︎栄養監修はこちら!
岸村康代さん

栄養監修/岸村康代さん:管理栄養士、豆腐マイスター、「大人のダイエット研究所」代表。自身の経験に基づき、忙しい大人が食事を楽しみながら健康的にやせられるよう、これまでに2000人以上のダイエットをサポート。著書に『きれいにやせる食材&食べ方図鑑』 (家の光協会) など。

管理栄養士、豆腐マイスター、「大人のダイエット研究所」代表。自身の経験に基づき、忙しい大人が食事を楽しみながら健康的にやせられるよう、これまでに2000人以上のダイエットをサポート。著書に『きれいにやせる食材&食べ方図鑑』 (家の光協会) など。

▼以前の岸村さんはこちら▼

岸村さんのBefore写真。15kg減量に成功!

岸村さん自身も、15kg減量に成功! 幸せホルモン「セロトニン」をつくるトリプトファンが豊富な大豆フードでハッピーなダイエットを始めましょう。


豆腐ハンバーグ

ふっくらやさしい食感で、家族ウケも間違いなしのおいしさ!
[ 材料・2人分 ]*1人分336kcal/塩分2.3g
・たね
 ∟もめん豆腐 ...小1丁 (約200g)
 ∟合いびき肉 ...100g
 ∟パン粉 ...大さじ6
 ∟マヨネーズ ...大さじ1
 ∟塩 ...小さじ1/4
 ∟こしょう ...少々
・ベビーリーフ ...適量
・ソース
 ∟トマトケチャップ ...大さじ2
 ∟中濃ソース、水 ...各大さじ1
 ∟バター ...5g
・サラダ油 

[ 豆腐の水きりはレンジで ]
豆腐はペーパータオルで包み、直径約20cmの耐熱皿にのせる。ラップをかけずに電子レンジ (600W) で約2分加熱し、取り出してそのまま粗熱をとり、水けをきる。

[ 作り方 ]
1. 水切りをした豆腐をポリ袋に入れる。残りのたねの材料を加え、袋の上から粘りが出るまで練り混ぜる。袋の角を少し切り、1/2量を手のひらに絞り出す。両手のひらでキャッチボールをするようにして空気を抜き、2cm厚さの小判形に整える。同様にしてあと1個作る。
2. フライパンに油小さじ1を中火で熱してを並べ、こんがりとするまで約2分焼く。上下を返してふたをし、弱火にして約7分蒸し焼きにし、器に盛る。
3. フライパンを拭いてソースの材料を入れ、中火にかけて混ぜる。バターが溶けたら2にかけ、ベビーリーフを添える。

*電子レンジは600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.9倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

*  *  *

食べ盛りの子どもたちのリクエストにも、ダイエット中のママの望みにもばっちり応える、豆腐ハンバーグ。ぜひ作ってみてくださいね!

夕ごはんにはこちらもおすすめ!


監修/岸村康代 調理/市瀬悦子 撮影/木村 拓 スタイリング/浜田恵子 栄養計算/スタジオ食 編集協力/singt

【レタスクラブ編集部】

この記事に共感したら

Information

*電子レンジは600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.9倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

<レタスクラブ22年6月号より>


レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!



▶へとへとさんをお助けする情報が満載!







雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’22 6月号』情報はこちらから▼

夏目前、ダイエットを始めたい方必見!今号の料理特集は、「豆腐おかずでやせる!」豆腐の色々なアレンジレシピの他、厚揚げ、おからパウダー、納豆、高野豆腐など…あらゆる大豆製品のレシピを多数ご紹介しています!/今話題の「大豆ミート」を使ったから揚げ&タコライスや、オートミールを使ったレシピもご紹介/献立の悩みから解放される!と毎号話題の「献立カレンダーBOOK」/別冊付録「7大定番野菜のBESTレシピ100」は80ページの永久保存版です!/LETTUCE MEETSには中井貴一さんが登場!/オトナのNEWS連載には加藤シゲアキさん!/コミックエッセイも多数!/レタスクラブ6月号をぜひお楽しみください。




おすすめ読みもの(PR)