進化したTKG! おしゃれでおいしい節約メニュー「ごはんカルボナーラ」 画像(1/2) 洋風の卵かけごはんはチーズのコクが効いたまろやか味。いつもの味に飽きたらぜひ!
洋風の卵かけごはんはチーズのコクが効いたまろやか味。いつもの味に飽きたらぜひ!

調理=久保香菜子 撮影=今清水隆宏

“TKG”、それは“卵かけごはん”。卵とごはんというシンプルな素材が生み出すハーモニーが、多くの人々を魅了して止みません。そんなTKGの進化形ともいえるメニューがこちら、「ごはんカルボナーラ」。卵黄のまろやかさにチーズのコクとうまみが加わり、なんとも贅沢な味わいに。節約メニューではありますが、お財布は寂しくても心はリッチになれる、満足感のある一品です。


【ごはんカルボナーラ】(383kcal、塩分0.8g)


<材料>(1人分)

熱いごはん1膳分、卵黄1個、牛乳大さじ2、パルメザンチーズ(おろしたもの)大さじ1/2、塩、あらびきこしょう各適量


<作り方>

(1)耐熱の容器に熱いごはんを入れて卵黄、牛乳を加えて混ぜ、塩少々をふる。

(2)チーズを加えてラップをかけ、500Wの電子レンジに1分かける。

(3)手早く混ぜ、あらびきこしょうをふる。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】