1度覚えれば一生モノ!豚かたまり肉で作る煮豚 画像(1/5) 「しっとり煮豚」 レタスクラブニュースより

「好きだけど、自宅では作れない」と思っていても、実は意外と簡単にできる料理は多いもの。中でも煮豚は代表的な例。煮込み時間は必要ですが、それほど手間はかかりません。一度覚えることができれば様々な料理に活用できますよ。

【しっとり煮豚】(698Kcal、塩分1.3g)

<材料・作りやすい分量 2~3人分>豚バラかたまり肉 500g、にんにく 1片、長ねぎ(青い部分) 1本分、しょうがの薄切り 4枚、長ねぎ(白い部分) 4~5cm、ルッコラ 適量、酒、しょうゆ、みりん、砂糖

<作り方>

1. 豚肉をたこ糸で縛る。たこ糸で縛られている肉を買うか、たこ糸で輪を作っては繰り返しくぐらせ、肉を縛る。

2. 鍋に水2カップ、酒1カップ、にんにく、ねぎの青い部分、しょうが、豚肉を入れ、中火で煮立ててから弱火にし、アクを取りながら約40分煮る。ねぎの白い部分は芯を除いてせん切りにし、しらがねぎにする。

3. しょうゆ、みりん各1/4カップ、砂糖大さじ3を加える。オーブン用ペーパーを鍋の大きさに合わせて円く切って落としぶたにし、約1時間30分、時々上下を返しながら煮込む。火を止め、さめたらそのまま冷蔵室で一晩ねかせる。

4. 煮汁の表面に固まった脂を取り除く。豚肉を温め、薄く切って器に盛り、ルッコラ、しらがねぎを添える。残った煮汁を豚肉にかける。

にんにくやしょうが、長ねぎなど様々な具材のうまみが豚肉に染みこんだ一品。じっくりと煮込むことで豚肉に味が染みこみやすくなり、しっとりとした食感に仕上がります。またそのままでも美味しいですが、盛りつけや器にまでこだわれば立派なおもてなし料理に変身します。


【豚肉の紅茶煮】

紅茶で豚肉を煮込みます。豆板醬を使った辛みそだれと、おろしにんにく入りの甘みそだれで召し上がれ。

1度覚えれば一生モノ!豚かたまり肉で作る煮豚 画像(3/5) 「豚肉の紅茶煮」 レタスクラブニュースより

【はちみつ煮豚】

レンジを活用することで簡単に完成します。はちみつを加えた漬け汁はお肉にからみやすく、表面を覆うので味がしみやすいのも嬉しいところ。

1度覚えれば一生モノ!豚かたまり肉で作る煮豚 画像(6/5) 「はちみつ煮豚」 レタスクラブニュースより

【煮豚】

にんにくや唐辛子だけではなく、中国料理には欠かせない香辛料、八角をプラス。お家で本格的な中華の味が楽しめます。

1度覚えれば一生モノ!豚かたまり肉で作る煮豚 画像(10/5) 「煮豚」 レタスクラブニュースより

【にんにくしょうゆ煮豚】

にんにくとしょうゆの風味が豚肉と相性抜群の一品。きゅうりやしらがねぎと一緒に食べれば、さっぱりとした味わいに。

1度覚えれば一生モノ!豚かたまり肉で作る煮豚 画像(15/5) 「にんにくしょうゆ煮豚」 レタスクラブニュースより

量が多くて食べきれない時は、タッパーなどの容器で密閉してから冷蔵庫で保存しましょう。チャーハンの具にしたりサンドイッチに挟んだりと、いろいろな食べ方で楽しんで。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】