白いご飯が進み過ぎる~!とりもも肉のみそ味レシピ5選 画像(1/5) 「とりのにんにくみそだれ焼き」 レタスクラブニュースより
「とりのにんにくみそだれ焼き」 レタスクラブニュースより

プロ料理家:重信初江 撮影:竹内章雄

千年以上も前から日本人の食卓を支えてきたと言われる「みそ」。甘みと塩けのバランスが良く、みそを使ったおかずは間違いなくご飯が進みます。今回は、ジューシーなとりもも肉をみそで味つけしたおかずをご紹介。ほかほかの炊き立てご飯と合わせて食べてくださいね。

【とりのにんにくみそだれ焼き】(464Kcal、塩分2.5g)

<材料・2人分>とりもも肉 2枚(約500g)、サニーレタス 大1枚、にんにくみそだれ(焼酎、みそ 各大さじ2、おろししょうが 大さじ1 おろしにんにく 小さじ1/2)

<作り方>

1. サニーレタスは食べやすくちぎる。

2. フライパンに油をひかずにとり肉の皮目を下にして並べ入れ、火にかける。脂が出てきたら弱めの中火にし、ペーパータオルで余分な脂を拭き取りながら約10分焼く。皮目にこんがりと焼き色がついたら上下を返し、同様に脂を拭き取りながら2~3分焼く。

3. にんにくみそだれの材料を混ぜて加え、とり肉の上下を返しながらからめる。全体にからまったら取り出して粗熱をとり、食べやすく切る。器に盛り、1を添える。

とり肉をじっくりと皮目から焼くことで、外はパリパリ、中はふっくらと仕上げます。しょうがとにんにく入りのみそはコクがあり、シンプルに焼きあげたとり肉と相性抜群です。


【とりとごぼうのみそ炒め】

とろけたチーズでマイルドな味に。みそと同じ発酵食品であるチーズを合わせることでおいしさを引き出します。

白いご飯が進み過ぎる~!とりもも肉のみそ味レシピ5選 画像(3/5) 「とりとごぼうのみそ炒め」 レタスクラブニュースより
「とりとごぼうのみそ炒め」 レタスクラブニュースより

プロ料理家:きじまりゅうた 撮影:田中宏幸


【とりのこっくり照り焼き】

付け合わせのにんじんとなすが名脇役。はちみつ入りの甘みそだれをからませれば、濃厚なうまみを感じられます。

白いご飯が進み過ぎる~!とりもも肉のみそ味レシピ5選 画像(6/5) 「とりのこっくり照り焼き」 レタスクラブニュースより
「とりのこっくり照り焼き」 レタスクラブニュースより

プロ料理家:外処佳絵 撮影:澤木央子


【とりの梅みそ蒸し】

たたいた梅干しを加えることで、さっぱりとした酸味のある味わいに。削りかつおが良い隠し味になります。

白いご飯が進み過ぎる~!とりもも肉のみそ味レシピ5選 画像(10/5) 「とりの梅みそ蒸し」 レタスクラブニュースより
「とりの梅みそ蒸し」 レタスクラブニュースより

プロ料理家:藤野嘉子 撮影:原ヒデトシ


【なすととり肉のごまみそ煮】

出来立てでも冷やしてもおいしく食べられる煮物です。練りごまの香りが食欲をそそる1品。

白いご飯が進み過ぎる~!とりもも肉のみそ味レシピ5選 画像(15/5) 「なすととり肉のごまみそ煮」 レタスクラブニュースより
「なすととり肉のごまみそ煮」 レタスクラブニュースより

プロ料理家:小林まさみ 撮影:野口健志


みそは土地によって多くの種類があり、味や色はさまざま。いつも使っているみそも良いですが、たまには食べたことのないみそを使ってお料理してみると、新しいおいしさに出会えるかもしれませんよ。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】