夏負けしない体を作る! スタミナたっぷりの豚丼5選 画像(1/5) 「カリカリ豚丼」 レタスクラブニュースより
「カリカリ豚丼」 レタスクラブニュースより

プロ料理家:井澤由美子 撮影:白根正治

夏バテ予防に積極的に取り入れたい食材が豚肉。豚肉に豊富に含まれている「ビタミンB1」には、スタミナ切れを防ぐ効果があると言われています。今回は、スタミナたっぷりの豚丼のレシピをご紹介。しっかりとエネルギーをチャージして、夏でもバテない体を目指しましょう。

【カリカリ豚丼】(822Kcal、塩分3.7g)

<材料・2人分>

豚バラ薄切り肉 180g、下味(おろししょうが 少々、しょうゆ 大さじ1~2、酒 大さじ1)、キャベツのせん切り 2枚分、長ねぎの小口切り 1/4本分、温かいご飯 どんぶり2杯分、たれ(おろしにんにく 1片分、酒、しょうゆ 各大さじ2~3、みりん 大さじ2、砂糖 小さじ2)、サラダ油、片栗粉

<作り方>

1. 豚肉は長さを半分に切り、下味の材料をもみ込んで5分ほどおく。

2. たれの材料を小鍋に入れて煮立たせ、半量ぐらいに煮詰まったら火を止める。

3. フライパンに油を1cm深さまで注ぎ、火にかける。油が温まったら1の豚肉に片栗粉を全体に薄くつけて広げて入れ、こんがりと色がついたら上下を返し、全体にカリッとするまで揚げ焼きにする。1度に揚げられない場合は2~3回に分ける。豚肉は片栗粉をつけたら広げて揚げ焼きにする。こんがりと色がついたら上下を返す。

4. 器にご飯を盛り、3をのせる。キャベツとねぎものせて2をかける。

にんにくにはビタミンB1の吸収を高める効果があると言われており、豚肉と一緒に食べるにはぴったり。暑い夏でも、にんにくの香りが食欲をそそります。こってりしすぎないように、肉の下味にはしょうがを使ってさっぱりと仕上げて。


【ねぎ塩豚丼】

肉に下味をつけたら、ごま油も加えてうまみをコーティング。しっかりと味のついた豚肉で白ご飯が進みます。

夏負けしない体を作る! スタミナたっぷりの豚丼5選 画像(2/5) 「カリカリ豚丼」 レタスクラブニュースより
「カリカリ豚丼」 レタスクラブニュースより

プロ料理家:井澤由美子 撮影:白根正治


【豚キムチ丼】

火を使わず電子レンジで作るので、誰でも簡単に調理できます。キムチと豚の王道の組み合わせににらを加えてスタミナアップ。

夏負けしない体を作る! スタミナたっぷりの豚丼5選 画像(5/5) 「豚キムチ丼」 レタスクラブニュースより
「豚キムチ丼」 レタスクラブニュースより

プロ料理家:重信初江 撮影:白根正治


【豚にら目玉焼きのっけ丼】

赤、黄、緑と色合いも良く、舌だけでなく目でも楽しめる1品。オイスターソースとごま油の香りが空腹を刺激します。

夏負けしない体を作る! スタミナたっぷりの豚丼5選 画像(9/5) 「豚にら目玉焼きのっけ丼」 レタスクラブニュースより
「豚にら目玉焼きのっけ丼」 レタスクラブニュースより

プロ料理家:重信初江 撮影:白根正治


【豚のとろみしょうが焼き丼】

さっぱりと効いたしょうがが、暑い夏にもぴったりです。温泉卵は電子レンジで作ると、簡単で失敗なし。

夏負けしない体を作る! スタミナたっぷりの豚丼5選 画像(14/5) 「豚のとろみしょうが焼き丼」 レタスクラブニュースより
「豚のとろみしょうが焼き丼」 レタスクラブニュースより

プロ料理家:井澤由美子 撮影:白根正治


忙しい夏の昼間でも簡単に食べられる丼もの。使うお皿もどんぶり1つだけなので、洗い物が少なくて済むのも嬉しいですね。夏バテ気味の人は、栄養満点の豚肉をたくさん食べて疲労とおさらばしましょう。