【簡単レシピ】帰宅後の家事の負担を軽くするお助けメニュー「うま辛タッカルビ」 画像(1/2) ケチャップをプラスすれば、子どもたちも大好きな味に
ケチャップをプラスすれば、子どもたちも大好きな味に

調理=きじまりゅうた 撮影=白根正治

子どもたちが夏休みに入り、家族でお出かけする機会が増える季節。帰宅してから夕飯の支度をするのは面倒……というときのお助けレシピが、「うま辛タッカルビ」です。前日の夜、材料を切って下味に漬け込んでおけば、あとは焼くだけ。アッという間に出来上がるので、お腹を空かせた子どもたちが文句をいい出すヒマもないほど!

漬け込むことで味がしっかりなじんでおいしさもアップ……といいこと尽くめの簡単レシピを活用して、家事の負担も軽減して。


【うま辛タッカルビ】

<材料>(2人分)

とりもも肉大1枚(約300g)、キャベツ2枚、にんじん4cm、玉ねぎ1/4個、甘辛だれ(おろしにんにく小さじ1/4、酒大さじ1、コチュジャン小さじ2、しょうゆ、砂糖、トマトケチャップ各小さじ1)、ごま油

<作り方>

(1)とり肉は皮を除き、一口大に切る。保存用密閉袋に甘辛だれを入れ、とり肉を入れて軽くもみ込み、空気を抜いて平らにする。冷蔵庫で8~10時間漬け込む。

(2)キャベツは5cm四方に切る。にんじんは5mm幅の短冊切りに、玉ねぎは横1cm幅に切る。ポリ袋に入れて冷蔵庫に保存する。

(3)とり肉は汁けをきって取り出し、たれはとりおく。

(4)フライパンにごま油大さじ1/2を入れて弱めの中火で熱し、キャベツ、にんじん、玉ねぎを加えて炒める。全体に油がなじんだら平らにし、とり肉をのせる。ふたをして7~8分蒸し焼きにする。3のたれを加えてさっと炒め合わせる。好みで白いりごまをふっても。

(388kcal、塩分1.1g)