煮ても焼いてもよし!優秀食材のとうがんと豚肉のレシピ5選

#食 

淡白な味のとうがんは、量も多いので使い切れるか迷うことも。今回はそんなとうがんに豚肉を合わせたレシピをご紹介。豚肉と一緒に調理することで、肉のうまみが染み込んでやさしい味わいになりますよ。

ガッツリ系メイン「肉巻きとうがんのカレー照り煮」


肉巻きとうがんのカレー照り煮


<材料2~3人分>

豚バラ薄切り肉…8枚(約200g)、とうがん…小1/8個(約200g)、ししとうがらし…10本、煮汁(しょうがのせん切り…1かけ分、だし汁…1/4カップ、しょうゆ・みりん…各大さじ2、カレー粉…大さじ1/2、砂糖…小さじ1~1と1/2)、ごま油

<作り方>

1.とうがんは1.5cm四方、3~4cm長さのものを8切れ作る。ししとうは竹串で1~2カ所刺す。豚肉1枚を縦長に広げ、手前にとうがん1切れを置いてクルクルと巻く。これをあと7個作る。

2.フライパンにごま油大さじ1を熱し、1の肉巻きの巻き終わりを下にして並べ入れる。あいたところにししとうを入れて、転がしながら焼きつけ、全体に焼き目がついたらいったん取り出す。肉巻きは巻き終わりが焼き固まったら上下を返す。

3.肉の色が変わったら、ペーパータオルで余分な脂を拭き取る。煮汁の材料を加え、ふたをして弱火で約15分、途中上下を返しながら煮る。ふたを取ってししとうを加え、煮汁をからめながらさっと煮る。

クセのないとうがんに、豚バラ肉の旨みとカレー風味の甘辛味を絡めていただきます。白ごはんがどんどん進みます。

簡単に作れるとろり食感「豚ととうがんのスープ煮」


豚ととうがんのスープ煮


豚肉に片栗粉をまぶすことでスープにとろみがつきます。口当たりが優しく、食欲がないときでも食べやすい優秀レシピ。

かたまり肉もお酢のパワーで食べやすい「夏の豚角煮」


夏の豚角煮


さっぱりとした味わいで、夏でも汁ごと食べられる角煮です。優しい豚肉のおいしさを味わうことができる一品。

あっさりとした味「豚肉ととうがんの中華スープ」


豚肉ととうがんの中華スープ


具材を切って鍋に入れて煮込むだけのシンプルレシピ。一口大に切った具材が食べ応えがあり満足できるスープです。

梅干しとみそでやさしい味付けに「豚ボールの梅みそ煮」


豚ボールの梅みそ煮


豚肉は食べやすいよう丸めてから鍋に。鍋が煮立ったらぬらしたペーパータオルをかぶせると味か染み込みやすくなります。

冬までもつほど貯蔵性があるので「冬瓜」と書くとうがん。旬のとうがんで体の熱を冷まし、疲労回復効果のある豚肉と組み合わせることで、残暑をおいしく元気に過ごしましょう。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //