定番化決定! みずみずしい白菜の自家製漬けもの5選 画像(1/5) 「簡単白菜キムチ」 レタスクラブニュースより

白いご飯のお供には欠かせない漬けもの。市販のものを買うのもいいですが、たまには自家製の漬けものを作ってみませんか? 今回はみずみずしい白菜の漬け物5選をご紹介。お手製ならではの味わいで、思わずリピートしたくなるメニューばかりですよ。

【簡単白菜キムチ】(126Kcal、塩分10.9g)

<材料・2~3人分>

白菜(内側のやわらかい部分) 1/2株分(約400g)、漬けだれ(長ねぎのみじん切り 1/3本分、おろしにんにく、おろししょうが 各小さじ1、コチュジャン、砂糖 各小さじ2、塩 小さじ1/4)、塩

<作り方>

1. 白菜は食べやすい大きさのざく切りにしてポリ袋に入れ、塩大さじ1を加えてもみ、しんなりするまで約10分おく。白菜の水けを絞ってポリ袋に戻し入れ、漬けだれを加えてさらにもみ、冷蔵庫に入れて10分以上おく。塩もみした白菜を水けを絞ってポリ袋に戻し、さらに調味料を加えてしっかりともむ。

2. 漬けたては辛みが強いので、豆腐にのせてあえながら食べるのがおすすめ。もめん豆腐1/2丁はペーパータオルに包んで水きりし、大きめにちぎる。春菊の葉1~2本分は3~4cm長さに切って、豆腐とともに器に盛る。簡単白菜キムチ100gはざく切りにしてのせ、ごま油少々をかける。好みでしょうゆをかけても。

3. 簡単白菜キムチは冷蔵庫で一晩おくと、調味料がなじんで味わいがまろやかになり、そのままでもおいしく食べられる。冷蔵庫で1週間~10日間保存できる。

にんにく、しょうが、ねぎといった香味野菜で風味豊かに仕上げます。白菜は食べやすい大きさにざく切りすればOK。そのままはもちろん、豆腐の上にのせたり豚キムチにして食べるなど、使い道も豊富です。

 

【白菜の昆布漬け】

昆布のうまみがほんのりときいた漬け物。一晩ほどおくとより味がなじんでおいしくなりますよ。

定番化決定! みずみずしい白菜の自家製漬けもの5選 画像(3/5) 「白菜の昆布漬け」 レタスクラブニュースより

 

【白菜のにんにく風味漬け】

豆板醬と砂糖を加えて甘辛い味つけに。にんにく好きにはたまらない、白いご飯によく合う1品です。

定番化決定! みずみずしい白菜の自家製漬けもの5選 画像(6/5) 「白菜のにんにく風味漬け」 レタスクラブニュースより

 

【白菜のはさみ漬け】

じゃこ、ゆずの皮、昆布を白菜の間にはさみます。ゆずのさわやかな香りがよいアクセントに。

定番化決定! みずみずしい白菜の自家製漬けもの5選 画像(10/5) 「白菜のはさみ漬け」 レタスクラブニュースより

 

【ラーパーツァイ】

ラーパーツァイとは、中華風の甘酢漬けのこと。ごま油とピリッと辛い赤とうがらしに食欲が刺激されます。

定番化決定! みずみずしい白菜の自家製漬けもの5選 画像(15/5) 「ラーパーツァイ」 レタスクラブニュースより

 

1年中出回っている白菜ですが、やはりこれからの季節が旬。手頃な価格で良質のものが手に入りやすくなるので、今のうちに堪能するのがおすすめです。