具材のうまみがパンにしみしみ! おもてなしに使えるパングラタン5選 画像(1/5) 「ブロッコリーソースのパングラタン」 レタスクラブニュースより

冬の定番料理「グラタン」を作る時、いつも決まった具材を使っていませんか? 今回は、ひと味違うパングラタンをご紹介。ソースや食材のうまみをたっぷりと吸ったパンを、ぜひ堪能してください。

 

【ブロッコリーソースのパングラタン】(387Kcal、塩分1.6g)

<材料・2人分>

ブロッコリーソース(ブロッコリー 大1/2個、クリームチーズ 60g、顆粒スープの素 小さじ1/3、こしょう 少々)、ウインナソーセージ 3本、ブロッコリーの茎 大1個分、しめじ 1パック(約100g)、ミニトマト 10個、フランスパン 6cm、オリーブ油、パン粉

<下ごしらえ>

1. ブロッコリーソースを作る。ブロッコリーは小房に分け、細かく刻んで耐熱ボウルに入れる。クリームチーズを加え、ふんわりとラップをかけ、電子レンジで約2分加熱する。温かいうちに顆粒スープの素、こしょうを加えて混ぜる。

<作り方>

1. ブロッコリーの茎は皮をむき、5mm幅の輪切りにする。しめじは小房に分け、ミニトマトは縦半分に切る。ソーセージは6~7mm幅の輪切りにし、フランスパンは1.5cm角に切る。

2. フライパンにオリーブ油大さじ1/2を熱し、ブロッコリーの茎、しめじ、ソーセージを入れて2~3分炒める。

3. 耐熱皿に2、フランスパン、ミニトマトを盛り合わせ、ブロッコリーソースを広げる。パン粉大さじ1にオリーブ油少々を混ぜて広げる。オーブントースターで約10分、表面に焼き色がつくまで焼く。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

味の決め手になる“ブロッコリーソース”がきいたパングラタンです。ブロッコリーとクリームチーズの相性は抜群。ソースは温かいうちに味つけするのがおいしく作るコツなので、手際よく調味料を加えましょう。

 

【豚こまパングラタン】

ソースケチャップで下味をつけた豚こま切れ肉とパンが絶妙にマッチ。下ごしらえした豚こま切れ肉は密閉袋に入れて冷凍すれば、約2カ月間保存できます。

具材のうまみがパンにしみしみ! おもてなしに使えるパングラタン5選 画像(3/5) 「豚こまパングラタン」 レタスクラブニュースより

 

【きのことコーンのパングラタン】

クリームコーンと牛乳、バターを混ぜて作るコーンペーストは、子どもも喜ぶやさしい味です。しいたけとまいたけと一緒に食べるパンも絶品。

具材のうまみがパンにしみしみ! おもてなしに使えるパングラタン5選 画像(6/5) 「きのことコーンのパングラタン」 レタスクラブニュースより

 

【オニオンパングラタン】

オニオンスープにバゲットを浸して味をしみ込ませましょう。オーブントースターで焼き色がつくまで温めたら完成です。

具材のうまみがパンにしみしみ! おもてなしに使えるパングラタン5選 画像(10/5) 「オニオンパングラタン」 レタスクラブニュースより

 

【たことほうれん草のパングラタン】

カリっとした食感のパンと一口食べた時に出るジューシーなトマト煮がやみつきに。最後にイタリアンパセリを散らせば、見栄えもばっちり。

具材のうまみがパンにしみしみ! おもてなしに使えるパングラタン5選 画像(15/5) 「たことほうれん草のパングラタン」 レタスクラブニュースより

 

グラタンに入れる食パンとフランスパンは、種類によって固さもさまざま。パンによって完成した時の食感も変わってくるので、アレンジも楽しんでみて。