寒~い日に飲みたい! 辛みと酸みがたまらない酸辣湯5選

#食 
「しょうが酸辣湯(サンラータン)」 レタスクラブニュースより


寒い日は、温かい汁ものが恋しくなるもの。スープや味噌汁などもいいですが、たまには変化球で酸辣湯はいかが? 意外とどんな食材とも相性がいいので、冷蔵庫にある食材で作ってみてはいかが?

 

【しょうが酸辣湯(サンラータン)】(215Kcal、塩分3.1g)


<材料・2人分>

豚ひき肉 80g、絹ごし豆腐 1/2丁(約150g)、えのきたけ 1袋(約100g)、しょうがのせん切り 大2かけ分(約35g)、にんにくのみじん切り 小さじ1、スープ(とりガラスープの素 小さじ1と1/2、湯 3カップ)、合わせ調味料(しょうゆ、酒 各大さじ1、こしょう 小さじ1/4強、塩 小さじ1/4)、水溶き片栗粉(片栗粉 大さじ1、水 大さじ2)、ごま油、酢、粗びき黒こしょう

<作り方>

1. えのきたけは長さを半分に切ってほぐす。豆腐は厚みを半分に切り、さらに横2等分、縦3等分に切る。

2. 鍋にごま油小さじ2、しょうが、にんにくを入れて火にかける。香りが立ったらひき肉を加えて炒める。ひき肉がぽろぽろになったらスープの材料を加える。

3. ひと煮立ちしたらアクを除き、えのきたけ、豆腐を加えてさらに約5分煮る。再びアクを除き、合わせ調味料を加えてさっと混ぜ、水溶き片栗粉を回し入れてとろみをつける。煮立ったら弱火にし、酢大さじ1を加えてさっと混ぜる。

4.器に盛り、こしょう少々をふる。

たっぷりと加えたしょうがが体を温めてくれるので、冬にふさわしいスープに仕上がっています。ごま油やにんにくが入って香りも抜群。晩ご飯としてだけでなく、休日ランチの1品にも使えそうです。

 

【ごぼう入り酸辣湯(スワンラータン)】


歯ごたえのよいごぼうとうまみが豊富な牛肉を煮込みます。雑味を取り除くため、浮いてきたアクはていねいにすくって。

「ごぼう入り酸辣湯(スワンラータン)」 レタスクラブニュースより


 

【えのきの酸辣湯風】


ラー油のピリ辛味がアクセント。卵はふんわりと仕上げるため、火を通しすぎないよう注意しましょう。

「えのきの酸辣湯風」 レタスクラブニュースより


 

【チンゲンサイとえのきの酸辣湯(サンラータン)】


チンゲンサイは軸と葉に切り分け、時間差をつけて加熱します。多めにふったこしょうでちょっぴり大人の味に。

「チンゲンサイとえのきの酸辣湯(サンラータン)」 レタスクラブニュースより


 

【あさりと大根の酸辣スープ】


あさりからだしが出るので、スープの素などは不要。薄切りにした大根の中まで味がよくしみ込みます。

「あさりと大根の酸辣スープ」 レタスクラブニュースより


 

多めに作って中華麺を入れても美味。アツアツをどうぞ。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //