5日間保存可能! 胃腸にやさしくアレンジ力の高い「まるごと玉ねぎのスープ」で心身ともにラクしよう

#食 
じんわりやさしい甘みで体が温まる


忘年会やイベント続きでお疲れ気味の胃腸にじんわり染み入る「まるごと玉ねぎのスープ」。これ一品でおかずいらずのボリュームスープですが、アレンジ力が高いのも魅力です。

バゲットとチーズをのせてオーブントースターで焼けば、チーズが香ばしいオニオングラタンスープに。好きな食材とカレー粉を加えればカレーにと、毎日の食事作りに役立ちます。冷蔵庫で5日間保存可能なので、たっぷり作って忙しい年末に備えて!

 

【まるごと玉ねぎのスープ】


<材料>(作りやすい分量・5人分)

玉ねぎ5個、スープ(ローリエ1枚、顆粒スープの素小さじ1と1/2、トマトケチャップ、塩少々)

<作り方>

まるごと煮込んでくずれにくいように、芯を残して根を削るように切り落とす


(1)玉ねぎは上部の茶色い部分を少し切り落とし、下部は芯を切らないよう、根の部分を削るように切り落とす。

(2)大きめの厚手の鍋に、玉ねぎの芯を下にして並べる。スープの材料を加えてふたをし、強火にかける。煮立ったらごく弱火にし、50~60分煮る。玉ねぎに竹串を刺してみて、スーッと通るくらいまでやわらかくなったらでき上がり。器に盛り、好みで粗びき黒こしょうをかけるとアクセントになる。

(3)玉ねぎは普通の玉ねぎを使って。新玉ねぎは水分が多く、長時間煮込む玉ねぎスープでは溶けやすく不向き。

(4)ふたつきの保存容器に、玉ねぎをスープごと入れて、冷蔵庫で約5日間保存できる。

(78kcal、塩分1.8g)

玉ねぎの上にバゲットとチーズをのせて、オーブントースターで焼けば完成!


玉ねぎのうまみがぎゅっと詰まった、味わい深いカレーも簡単に


「まるごと玉ねぎのスープ」を活用したアレンジメニューのレシピもおすすめです。

この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
まるごと玉ねぎのスープ
オニオングラタンスープ風
玉ねぎたっぷりチキンカレー

■レタスクラブニュースでほかにも「スープ」のレシピをチェック!


おすすめ読みもの(PR)