塩だけでうま~い♪ 味つけラクラク「うま塩副菜」5選

#食   
「れんこんの塩焼き」 レタスクラブニュースより


毎日料理を作っていると、主菜と副菜の組み合わせで悩むことがありますよね。そんな時は、副菜を塩ベースの味つけにしてみましょう。シンプルながら奥深い味わいは、どんなメインディッシュも上手に引き立ててくれるはず。簡単に作れるものばかりなので、おつまみやお弁当のおかずとしても活用してみてくださいね。

 

◆れんこんの塩焼き(177Kcal、塩分0.8g)


【材料・2人分】

れんこん(皮つきのまま1cm厚さの半月切りにして水にさらす) 200g、オリーブ油、塩、こしょう

【作り方】

1. フライパンにオリーブ油大さじ2を中火で熱し、れんこんを水けをきって入れる。焼き色がつくまで焼く。

2. 上下を返して同様に焼き、塩小さじ1/4、こしょう少々を加えて混ぜる。

※保存容器に入れ、冷蔵で約3日間保存可。

厚めにカットしたれんこんをオリーブ油でじっくりと焼きつけます。こうばしさとシャキシャキした食感が楽しく、やみつきになるおいしさ。作り置きができるので常備菜にもおすすめです。

 

◆小松菜と油揚げの塩炒め


油揚げはペーパータオルで油を吸い取ってから使います。手早く作れる炒めものでビタミンをたっぷりとりましょう。

「小松菜と油揚げの塩炒め」 レタスクラブニュースより


 

◆チンゲンサイと大根の塩炒め


にんにくが豊かな風味をプラス。チンゲンサイと大根は先に下ゆでしてから中華鍋で傷めます。

「チンゲンサイと大根の塩炒め」 レタスクラブニュースより


 

◆かぶの塩炒め


栄養豊富なかぶの葉も使ってボリュームアップします。さくらえびのだしをまとわせれば、コクを感じられる1品に。

「かぶの塩炒め」 レタスクラブニュースより


 

◆ごぼうとひき肉の塩いり煮


おろししょうがのほのかな辛みがごぼうとベストマッチ。弱火でコトコト煮て、やわらかく仕上げてくださいね。

「ごぼうとひき肉の塩いり煮」 レタスクラブニュースより


 

塩には「海水塩」「岩塩」「湖塩」といったたくさんの種類があります。品物によって塩辛さや質感が大きく異なるので、何種類かそろえておくと味つけの幅が広がりますよ。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)