包丁もまな板も必要なし。調理は炊飯器におまかせの限界レシピ「ツナ缶と豆のカレー炊き込みご飯」 画像(1/2) ツナ缶はうまみのある缶汁ごと入れる

今日は春分の日。お天気はちょっとイマイチですが、お花見に行ったり、家族とお出かけをした人も多いのでは? 外出でお疲れ気味の夜には、包丁もまな板も、さらにはお鍋もフライパンも使わない限界レシピ「ツナ缶と豆のカレー炊き込みご飯」で、ラクにおいしい晩ご飯を。どれだけラクかといいますと、といだお米と材料を炊飯器に入れてスイッチを押すだけ。以上! 台所から食欲を刺激する香りが漂ってきたら、完成の合図。それまではテレビでも見ながら、ゆっくり体を休めてくださいね。


ツナ缶と豆のカレー炊き込みご飯

【材料】(3~4人分)

ツナ缶 小1缶(約80g)、ミックスビーンズ 1袋(約50g)、米 2合、塩、カレー粉


【作り方】

(1)米は洗ってざるに上げ、約10分おく。

(2)炊飯器に米を入れ、普通の水加減にし、塩小さじ1/2を混ぜる。ミックスビーンズを散らし、ツナを缶汁ごと加え、カレー粉小さじ1をふり、普通に炊く。

包丁もまな板も必要なし。調理は炊飯器におまかせの限界レシピ「ツナ缶と豆のカレー炊き込みご飯」 画像(3/2) ツナは缶汁にもうまみがあるため、汁ごと加えて一緒に炊き込んで

(3)炊き上がったらさっと混ぜる。

(1人分342kcal、塩分0.9g)