いつものお弁当から行楽弁当まで使える! 豚肉のジューシー春巻き5選 画像(1/5) 「簡単豚春巻き」

うららかな春の陽気を感じると、公園やテラスで食事をするのも楽しくなりますよね。今回はそんな気分をさらに盛り上げてくれる、豚肉のジューシー春巻き5選を紹介。春巻きなら形が崩れにくく詰めやすいので、お弁当にもぴったりです。ピクニックやお花見などの行楽時には、何種類か作って食べ比べてみてはいかが?


簡単豚春巻き(1人分364Kcal、塩分1.2g、調理時間20分)

【材料・2人分】

豚ロース薄切り肉 8枚(約160g)、水菜 2株、黄パプリカ 1/2個、春巻きの皮 2と2/3枚、水溶き小麦粉(小麦粉、水 各適量)、塩、サラダ油、しょうゆ、酢、練りがらし

【作り方】

1. 水菜は塩を加えた熱湯でさっとゆで、冷水にとって水けを絞り、豚肉の幅に合わせて長さを切る。パプリカも肉の幅に合わせて端を切り落とし、縦細切りにする。春巻きの皮は全形は縦3等分に、2/3枚は縦半分に切る。

2. 豚肉1枚を縦に置き、手前に水菜とパプリカの各1/8量をのせてくるくるときつく巻く。さらに春巻きの皮1切れを巻きつけ、巻き終わりに水溶き小麦粉をぬって留める。これをあと7個作る。肉で野菜を巻いたものを、さらに春巻きの皮で巻き、表面をカリッと焼いて、簡単春巻きに。

3. フライパンに油大さじ1を熱し、2を巻き終わりを下にして並べ入れる。巻き終わりが焼き固まったら少しずつ転がして、全体をこんがりと焼いて火を通す。器に盛って、しょうゆ、酢、練りがらし各適量を添える。

豚肉のうまみと野菜のみずみずしさを一度に味わえます。水菜はβ-カロテンやミネラルを多く含み、肉厚で甘みのあるパプリカはビタミン類が豊富。味だけでなく栄養が満点なのもうれしいポイントです。


五目春巻き

たけのこやしいたけなど、さまざまな具を使った贅沢な1品です。皮で巻く前に具材にとろみをつけておけば、なめらかな食感に。

いつものお弁当から行楽弁当まで使える! 豚肉のジューシー春巻き5選 画像(3/5) 食材の宝石箱!? 具だくさん「五目春巻き」

豚肉のチーズ春巻き

世代を問わず人気のチーズが主役♪ グリーンアスパラガスを芯にして巻けば、整った見た目に仕上がります。

いつものお弁当から行楽弁当まで使える! 豚肉のジューシー春巻き5選 画像(6/5) 「豚肉のチーズ春巻き」

豚肉とさつまいもの春巻き

さつまいもメインの春巻きは外がカリッと、中はほっくり。お好みでからし入りの酢じょうゆを添えて。

いつものお弁当から行楽弁当まで使える! 豚肉のジューシー春巻き5選 画像(10/5) 「豚肉とさつまいもの春巻き」

豚れんこん春巻き

シャキシャキとした独特の歯ごたえが特徴のれんこんを使用します。油揚げも加えて食べごたえをアップ。

いつものお弁当から行楽弁当まで使える! 豚肉のジューシー春巻き5選 画像(15/5) 「豚れんこん春巻き」

春巻きの皮が余ってしまった場合は冷凍保存がおすすめ。空気に触れないようにラップでしっかりと包み、密閉できる容器などに入れて乾燥を防ぎましょう。