淡白な味わいにコクうまソースをプラス! しっとり仕上げたとりむね肉のチキン南蛮5選 画像(1/5) 「チキン南蛮」

宮崎県が発祥といわれるチキン南蛮。甘酸っぱいたれとタルタルソースをかけるのが定番ですが、ソースをアレンジすればいろいろな味わいが楽しめます。今回は、しっとり仕上げたとりむね肉のチキン南蛮5選をご紹介。手軽に作れるソースが揃っているので、好みのテイストを見つけてくださいね。


チキン南蛮

【材料・2人分】

とりむね肉 2枚(約360~400g)、下味(酒 大さじ2、砂糖 小さじ2、塩 小さじ1/2~1、こしょう 少々)、タルタルソース(ゆで卵の粗みじん切り 1個分、赤パプリカ 1/4個、玉ねぎのみじん切り 1/4個分、ピクルスの粗みじん切り 3本分、パセリのみじん切り 大さじ2、マヨネーズ 大さじ3、トマトケチャップ 大さじ1、塩 小さじ1/2、こしょう 少々)、南蛮だれ(砂糖、酢 各大さじ2、みりん、しょうゆ 各大さじ1)、ころも(小麦粉 適宜、溶き卵 1個分)、つけ合わせ(キャベツのせん切り 1/4個分、青じそのせん切り 6枚分、トマトのくし形切り 1/2個分)、揚げ油

【作り方】

1. ポリ袋にとり肉と下味の材料を入れてよくもみ、約10分おく。タルタルソースを作る。パプリカは5mm角に切り、玉ねぎは約10分水にさらしてしっかり水をきる。すべての材料をボウルに入れて混ぜる。南蛮だれの材料を火にかけ、砂糖が溶けたら火から下ろし、バットに入れる。砂糖には保湿効果があるので、とり肉の下味に砂糖を加えることで、パサつかずに仕上がる。南蛮だれは火にかけて、砂糖を煮溶かす。

2. 揚げ油を中温(約170℃)に熱し、弱めの中火にする。とり肉全体に小麦粉を薄くまぶし、溶き卵にくぐらせてころもをつけ、揚げる。3分ほど揚げてまわりが固まり、色がついたら上下を返し、再び3分ほど揚げる。最初は中温で揚げ始めて。卵のころもで口当たりがやわらかく、揚げ色もよく揚げ上がる。

3. 全体に揚げ色がついたら火を強めて1~2分、時々返しながら揚げ、こんがりとした揚げ色がついたら油をきり、熱いうちに南蛮だれにくぐらせる。さめると南蛮だれがしみこみにくくなるので熱いうちにからめて。食べやすい大きさに切り、皿に盛る。キャベツとしそを水にさらしてシャキッとさせてしっかり水をきり、トマトと一緒に添える。とり肉にタルタルソースをたっぷりかける。

(1人分829Kcal、塩分3.9g)

赤パプリカやピクルス、パセリなどが入ったタルタルソースが味の決め手。ソースの具材は、5mm程度にカットするのがポイントです。最後にキャベツと青じそのせん切りを添えれば見栄えもバッチリ。


塩だれチキン南蛮

レモン汁の酸みがきいた塩だれが美味。長ねぎの香りと歯ごたえもチキン南蛮と相性抜群です。

淡白な味わいにコクうまソースをプラス! しっとり仕上げたとりむね肉のチキン南蛮5選 画像(3/5) シャキッとした食感のねぎがクセになる「塩だれチキン南蛮」

しょうがチキン南蛮

たれに使用する新しょうがは、包丁の背またはスプーンで皮をはがします。約30秒ゆでて甘酢の材料と混ぜれば、下ごしらえはOK。

淡白な味わいにコクうまソースをプラス! しっとり仕上げたとりむね肉のチキン南蛮5選 画像(6/5) 「しょうがチキン南蛮」

冷やしチキン南蛮

とり肉は、揚げたてをたれに漬けるとジューシーでやわらかくなります。赤とうがらしを加えて辛みをプラスしましょう。

淡白な味わいにコクうまソースをプラス! しっとり仕上げたとりむね肉のチキン南蛮5選 画像(10/5) 「冷やしチキン南蛮」

さっぱりチキン南蛮

卵とマヨネーズを使わない「豆腐タルタル」が新感覚の味。豆腐タルタルは豆腐クリームに細かく切った玉ねぎと粒マスタードを入れたら完成です。

淡白な味わいにコクうまソースをプラス! しっとり仕上げたとりむね肉のチキン南蛮5選 画像(15/5) 「さっぱりチキン南蛮」

チキン南蛮はころもを厚くすると、冷やした時にはがれやすくなります。また味がしつこくなるので、ころもはうすくつけるのがおすすめ。