今すぐ餃子食べたい!に 「油揚げの肉詰め焼き」が応えます 画像(1/2) 油揚げを皮のかわりにすれば、肉だねを包む手間も省けます

餃子が食べたい!と思っても、週のはじめから餃子を作るのはなかなかハードルが高いもの。そんなときに思い出してほしいのが、「油揚げの肉詰め焼き」です。「餃子じゃないじゃん!」とイラッとしたあなた。たしかに油揚げの中に肉だねを詰めて焼いた姿は、まったく餃子っぽくはありません。でも一口食べればまさに餃子。袋状に開いた油揚げには肉だねがたっぷり入れられるので、食べ応え&ジューシーさはこちらのほうが勝っているかもしれません。包む手間もいらない、いいこと尽くめな簡単餃子。これからは餃子といえば油揚げ、が定番になるかも?


油揚げの肉詰め焼き

【材料】(2人分)

肉だね(豚ひき肉 180g、にら 1/2わ、長ねぎのみじん切り 大さじ2、しょうが汁、ごま油 各小さじ1、塩 小さじ1/4、こしょう 少々)、油揚げ 2枚、もやし 1袋、ポン酢じょうゆ 適量、サラダ油、塩、こしょう


【作り方】

1.肉だねを作る。にらはみじん切りにしてボウルに入れ、残りの材料を加えてよく練り混ぜる。油揚げは縦半分に切って袋状に開き、肉だねを4等分してきっちり詰め、押さえて平らにする。

2.フライパンに油をひかずに1を並べ入れ、ふたをして弱火にかけ、5~6分蒸し焼きにする。うすく焼き色がついたら上下を返し、再度ふたをして5~6分焼く。ふたを取って上下を返し、約1分焼いてパリッとさせる。斜め半分に切って器に盛る。

3.フライパンをペーパータオルで拭き、油大さじ1/2を熱してもやしを入れ、1~2分炒めて、塩、こしょう各少々で調味する。2の器に盛り合わせ、ポン酢じょうゆを添える。

(1人分389kcal、塩分1.8g、調理時間20分)