四川飯店の味を自宅で再現!? 本当においしい「麻婆なす」 画像(1/2) 四川飯店人気ナンバーワンなすメニューをおうちで

東京・赤坂にある四川料理の名店、赤坂 四川飯店。テレビでもおなじみの陳 建太郎さんが腕をふるう、こちらの店の人気メニュー「麻婆なす」が自宅で再現できるレシピをご紹介。「特別な調味料を準備しなきゃいけないんじゃないの?」なんてという心配は不要です。使用するのは、みそやしょうゆ、とりガラスープの素など、どれも身近なものばかり。レシピ通りにつくれば、必ずや「つくってよかった!」と思える絶品「麻婆なす」が出来上がりますよ。


麻婆(マーボー)なす

【材料】(2人分)

なす 3個、肉みそ(豚ひき肉 100g、酒、みそ、みりん 各小さじ2、しょうゆ 小さじ1/3)、長ねぎのみじん切り 大さじ3、おろしにんにく 小さじ2/3、おろししょうが 小さじ2、豆板醤(トウバンジャン) 小さじ1と1/2、とりガラスープの素 小さじ1/2、水溶き片栗粉(片栗粉、水 各大さじ1/2)、片栗粉、サラダ油、しょうゆ、みそ、砂糖、酒、酢


【作り方】

1.なすは皮むき器で皮をしま目にむいて六つ割りにし、片栗粉を薄くまぶす。フライパンに1cm深さの油を入れて高温(約180℃)に熱し、なすを入れて約1分揚げる。うすく揚げ色がついたら取り出して、油をきる。

四川飯店の味を自宅で再現!? 本当においしい「麻婆なす」 画像(3/2)  なすは全体に薄く片栗粉をまぶして揚げ焼きにすると、油が少なくてすみ、手軽にできる

2.肉みそを作る。フライパンをきれいにし、油をひかずにひき肉を入れて火にかけ、木べらでほぐしながらしっかり炒める。ポロポロになったら残りの材料を加えて全体になじむまで炒め、いったん取り出す。

3.同じフライパンに油大さじ1、豆板醤、にんにく、しょうがを入れてさっと炒め、スープの素、水1カップ、2を加える。ひと煮立ちしたら砂糖、酒各大さじ1、みそ小さじ1、しょうゆ小さじ1/2を加えて混ぜる。1も加え、ふつふつとしたら火を止める。

4.ねぎ、水溶き片栗粉を加えて混ぜ、強火にかける。沸騰してとろみがついたら火を止め、酢小さじ1を加えてさっと混ぜる。

(1人分430kcal、塩分3.0g)