夏バテ防止に! ピリ辛味のエンドレスおつまみ「きゅうりの中華風」 画像(1/1) 【写真を見る】きゅうりが飛び散るのが心配なら、ポリ袋などに入れてからめん棒でたたこう

暑い日が続いていますね。強い日差しを浴びて体の中に熱が溜まると、夏バテや熱中症を引き起こす原因に。暑さによる不調を防ぐためには、体をクールダウンし、必要な潤いを補うことが大切ですが、この二つを担ってくれる食材がきゅうりです。おすすめのレシピは、「きゅうりの中華風」。きゅうりは包丁で切らず、めん棒などでたたくのがおいしさのポイント。たたくことで断面積が大きくなり、味がしみこみやすくなります。きゅうりは二日酔い防止にも効果的なので、おつまみとしてもおすすめ。


きゅうりの中華風

【材料】(作りやすい分量)

きゅうり 2本、塩 少々、にんにく 1/2片、しょうゆ 大さじ1、砂糖 小さじ2、酢、ごま油 各大さじ1/2、ラー油 少々、しょうがのせん切り 1かけ分


【作り方】

1.きゅうりはめん棒でたたき、食べやすく割る。塩をふり、約5分おいて水けをきる。にんにくは包丁の腹でつぶす。

2.ポリ袋にしょうゆ、砂糖、酢、ごま油、ラー油を入れて混ぜ、1、しょうがのせん切りを加えてもみ、15分以上漬ける。

(全量で141kcal、塩分3.4g)