もしものときのために覚えておきたい、体を癒す「梅しらすがゆ」 画像(1/2) みりんを加えて炊くことで、ほのかな甘みもプラス

季節の変わり目になると体調をくずしてしまう、という人も多いのでは? そんなときのために、今一度、おかゆの作り方をおさらいしておきましょう。「おかゆなんて、多めめの水でお米を煮ればいいんでしょ?」と思ったあなた。ぜひ「梅しらすがゆ」のレシピで一度作ってみてください。いつも食べているおかゆよりも、やさしいお米の甘みが感じられるはずですから。体に染み入るおいしさのおかゆは、体調が悪いときの強い味方。もしものときのために、覚えておきたいレシピです。


梅しらすがゆ

【材料】(2人分)

しらす干し 20g、梅干し 2個、とろろ昆布 3g、米 1/2合、みりん


【作り方】

1.米はさっと洗い、梅干し、水2と1/2カップ、みりん大さじ1とともに鍋に入れる。ふたをして強火にかけ、煮立ったら弱火にしてふたをずらし、約30分煮る。

2.器に盛り、とろろ昆布としらす干しをのせる。

(1人分168kcal、塩分1.2g)