副菜におすすめ! 冷蔵庫のちくわを活用できるサラダ5選

#食 
「水菜と塩昆布のサラダ」


どこのスーパーでも売られているちくわは、おつまみやおでんの具として使われることも多い練り物の代表格。しかし一気に使えずに、冷蔵庫に眠ったままになっている家庭も多いのでは? そこで今回は、余りもののちくわを活用できるサラダ5選をご紹介。いつものサラダにうまみとボリューム感がアップしますよ。

水菜と塩昆布のサラダ


【材料・2人分】

ちくわ 1本、水菜 1株、塩昆布 小さじ2、オリーブ油、酢、塩

【作り方】

1. ちくわは3~4mm厚さの輪切りにする。水菜は3~4cm長さに切る。

2. ボウルに1、塩昆布、オリーブ油小さじ1、酢小さじ1/2を入れてさっとあえ、塩で味をととのえる。

(1人分40Kcal、塩分0.8g、調理時間5分)

塩昆布をパパッと加えて本格的なテイストに。フレッシュな水菜は一口で食べられる大きさにカットして、オリーブオイルでなじませましょう。塩の分量を変えて、お好みの味つけにチャレンジしてみてくださいね。

もやしとちくわのしょうがナムル風サラダ


しょうがのさっぱりとした口当たりがもやしとベストマッチ。もやしはシャキシャキ感を残してゆであげます。

ちくわで歯ごたえがアップした「もやしとちくわのしょうがナムル風サラダ」


水菜とちくわのチーズサラダ


粉チーズのまろやかさがサラダを格上げ。レモン汁をかくし味に加えて、清涼感をプラスしています。

「水菜とちくわのチーズサラダ」


ちくわはるさめサラダ


ちくわのうまみをたっぷりと吸いこんだ春雨が味わい深い一品。味に変化がほしい時は、赤とうがらしを加えればピリッとまとまりますよ。

「ちくわはるさめサラダ」


サラダ菜とちくわのゆずこしょうマヨサラダ


ゆずこしょうがほのかに感じられるさわやかサラダ。サラダ菜は手で少し大きめにちぎりましょう。

「サラダ菜とちくわのゆずこしょうマヨサラダ」


一見ただ練ってあるだけのように思えるちくわ。実は良質な魚のたんぱく質をたっぷり含んでいる健康食材の1つなんです。お魚きらいの子どもでも手軽に栄養を摂ることができるので、積極的に料理に取り入れてみても良さそう。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)