知らないうちに野菜が取れる! 5分でできるあったか野菜スープ5選

#食 
「せん切り野菜のコンソメスープ」


野菜類は1日350g食べるのが望ましい、とわかっていても、なかなか毎日たっぷり食べるのも難しいもの。そんな時には、野菜スープで上手に野菜を取ってみましょう。かさも減るので、知らないうちに野菜をたくさん食べられます。また、これからの季節は体も温まり、一石二鳥!? 野菜スープで温まってから、元気に1日をスタートさせましょう♪

せん切り野菜のコンソメスープ


【材料・2人分】

ハム 3枚、にんじん 3cm、大根 1.5cm、長ねぎの青い部分 10cm分、スープ(固形スープの素 1/2個、塩、こしょう 各少々、水 2カップ)

【作り方】

1. にんじん、大根、ハムはせん切りにし、ねぎは長さを半分に切ってからせん切りにする。

2. 鍋に1、スープの材料を入れ、3~4分煮る。

(1人分46kcal、塩分1.1g、調理時間5分)

せん切りにした野菜とハムが心地いい歯ざわりのスープ。ベースの味つけは固形スープの素にお任せしてOKです。余った野菜でもじゅうぶんおいしく作れるので、食材を無駄なく活用できるのもうれしいポイント。

たことチンゲンサイのスープ


たこのうまみでだし汁いらずな1品。片栗粉がとろみづけになり、温かくて飲みごたえのあるスープに仕上がります。

チンゲンサイの食感がクセになる!「たことチンゲンサイのスープ」


キャベツの卵チーズスープ


キャベツの食感を残しながら、粉チーズのコクを感じられるスープです。まろやかな口当たりの半熟卵がたまりません。

「キャベツの卵チーズスープ」


カリフラワーのスープ


バターのコクと黒コショウで洋風テイストの味わいに。カリフラワーのビタミンCは水に溶けにくいので、スープの具材に最適です。

「カリフラワーのスープ」


かぶとベーコンのスープ


とりがらがベースのスープは、和食にはもちろん洋食にも相性バツグン。かぶは葉っぱも使うと見映えがアップします。

「かぶとベーコンのスープ」


朝は1日の中でいちばん体温が低いので、あつあつのスープで徐々に身体を温めていきましょう。野菜のスープであれば、作るのはもちろん食べるのもラクチン。うっかり寝坊をしてしまった朝にぴったりかも?

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //