独特の食感がクセになる!? 自宅で作れるとり皮のおつまみ5選

#食 
「とり皮のカリカリ焼き」


コラーゲンが豊富で独特なうまみが楽しめる“とり皮”。居酒屋の定番メニューですが、自宅でも作れたらおつまみのレパートリーがグンと増えますよね。そこで今回は、とり皮をふんだんに使ったレシピ5選をご紹介。カリカリとしたとり皮は、ご飯のおかずにもぴったりなのでぜひ試してみてください♪

とり皮のカリカリ焼き


【材料・2人分】

とり皮 2枚(約60g)、みょうが 2個、レモン 適宜、酒、塩、粗びき黒こしょう

【作り方】

1. とり皮は半分に切り、酒小さじ1、塩、こしょう各少々をふる。みょうがは縦半分に切ってせん切りにする。

2. フライパンを熱し、とり皮を入れ、フライ返しで時々押さえて両面をカリカリに焼く。皿に盛り、みょうが、レモンを添える。

(1人分162Kcal、塩分0.8g)

カリッとした歯ごたえがやみつきになるお手軽メニューです。レモンの酸みとみょうがの爽やかなテイストが相性抜群。みょうがをせん切りにするときは、芯の部分をとりのぞけばスムーズにカットできますよ。

とり皮のねぎポン酢


ポン酢じょうゆが味わい深さを演出。ピリ辛好きな人は、お好みで一味とうがらしをかけてください。

箸休めにうってつけな「とり皮のねぎポン酢」


温やっこカリカリとり皮


まろやかなきぬごし豆腐がGOOD。ペーパータオルで油をふけばカロリーを抑えられます。

「温やっこカリカリとり皮」


とり皮のねぎサラダ


コクのあるとりガラスープが味の決め手。最後にレモン汁、塩、こしょう、ごま油をかけましょう。

「とり皮のねぎサラダ」


とり皮の串揚げ2種


とり皮は食べやすい大きさに切ってから串に刺して。ほんのりスパイシーなカレー塩がたまりません。

「とり皮の串揚げ2種」


くせが無いとり肉は安価で買えて、さまざまな料理に使われる一品。質のよいたんぱく質とビタミンなども豊富です。しかし他の肉よりも鮮度が落ちやすいので、表示期限内に使い切るように注意しましょう。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)