この組み合わせでこんなに新鮮に⁉「とり肉×じゃがいも」の煮もの5選 画像(1/5) 「韓国風とりじゃが」

「おふくろの味」として親しまれている肉じゃがは、家庭によって定番の味つけがありますよね。実はいろんなアレンジができるのも肉じゃがのいいところ。今回はマンネリ防止に役立つ「とり肉×じゃがいも」のアレンジ煮もの5選を紹介します。たまには違った味つけに挑戦してみてはいかが?

韓国風とりじゃが

【材料・2人分】

とりもも肉 1枚(約200g)、じゃがいも 2個、にんじん 1本、万能ねぎ 4本、韓国だれ(おろしにんにく 1片分、酒 大さじ2、しょうゆ 大さじ1と1/2、コチュジャン 大さじ1、砂糖、ごま油 各大さじ1/2)

【作り方】

1. じゃがいもは大きめの一口大に切り、水で洗って水けをきる。にんじんは一口大の乱切りにする。万能ねぎは斜め薄切りにし、水にさらす。とり肉は大きめの一口大に切る。

2. 鍋にとり肉と韓国だれを入れてよくもみ込み、広げる。じゃがいも、にんじんも並べてふたをし、強火にかける。煮立ったら弱めの中火で約10分煮る。

3. 野菜がやわらかくなったら全体を混ぜ合わせ、器に盛る。1の万能ねぎの水けをよくきってのせる。

(1人分415Kcal、塩分2.9g)

コチュジャンの辛みが食欲をそそる1品。にんじんは乱切りにすると火が通りやすく、味のしみ込みが早くなるので◎。鍋にとり肉と韓国だれを入れてよくもみ込み、野菜を並べて強火で煮込みましょう。

タットリタン

韓国のタットリタンは小ぶりのとりを1羽丸ごと使いますが、今回は手羽元を使用! 煮汁が残ったら、ご飯を加えておじや風にしてみてくださいね。

この組み合わせでこんなに新鮮に⁉「とり肉×じゃがいも」の煮もの5選 画像(3/5) ごまが香る韓国版とりじゃが「タットリタン」

にん玉じゃがととりのしょうゆ煮

にんじん、玉ねぎ、じゃがいもを炒めるときに、包丁の腹でつぶしたにんにくを加えます。一緒に炒めることで煮ものにコクが出てGOOD。

この組み合わせでこんなに新鮮に⁉「とり肉×じゃがいも」の煮もの5選 画像(6/5) 「にん玉じゃがととりのしょうゆ煮」

ナポリタンとりじゃが

みんなが大好きな懐かしのケチャップ味で、イタリアン風とりじゃがにアレンジ。完成後に粉チーズをふると見た目もきれいになりますよ。

この組み合わせでこんなに新鮮に⁉「とり肉×じゃがいも」の煮もの5選 画像(10/5) 「ナポリタンとりじゃが」

韓国風とり手羽じゃが

コチュジャンとみそを合わせた、コクのある甘辛肉じゃが。手羽先と野菜は焼き目をつけてから煮ると、香りが立って香ばしくなります。

この組み合わせでこんなに新鮮に⁉「とり肉×じゃがいも」の煮もの5選 画像(15/5) 「韓国風とり手羽じゃが」

とり肉を買うときは、肉に厚みがあり透明感のあるものを選びましょう。ほかの肉類より水分が多いため、いたむ前に使いきるのがポイントです。