100gで1日分のビタミンCが摂れる!? カリフラワーを使ったとり肉の煮もの5選

#食 
「とり肉とカリフラワーのスープ煮」


今が盛りのカリフラワーは、寒い時期のビタミン源として大活躍する野菜です。ビタミンCが特に豊富で、 100g食べれば1日に必要な量を摂取できるそう。今回は、カリフラワーを使ったとり肉の煮もの5選を紹介します。やわらかくなるまで煮込み、ほっこりとやさしい歯ごたえを堪能してくださいね。

とり肉とカリフラワーのスープ煮


【材料・2人分】

とりもも肉 1枚(約240g)、カリフラワー 小1/2個(約200g)、にんじん 1本、玉ねぎ 1/2個、白ワイン 大さじ1、ローリエ 1枚、塩、こしょう、オリーブ油

【作り方】

1. カリフラワーは小房に分ける。にんじんは一口大の乱切りにする。玉ねぎはみじん切りにする。とり肉は余分な皮と脂肪を除き、一口大に切って、塩、こしょう各少々をふる。

2. フライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、玉ねぎを炒める。玉ねぎがしんなりしたらとり肉を加え、全体を炒め合わせる。玉ねぎのみじん切りはしんなりするまでよく炒め、甘みを充分に引き出してから、とり肉を加える。

3. 肉の色が変わったらカリフラワー、にんじんを加えてさっとひと混ぜし、ワイン、水1カップ、塩小さじ1/3、こしょう少々、ローリエを加える。煮立ったら弱火にし、ふたをして煮汁が少なくなるまで約8分煮る。

(1人分371Kcal、塩分1.9g、調理時間20分)

ごろっと切った野菜やとりもも肉のボリューム感が抜群。食べごたえがあるので、晩ごはんのメインディッシュにぴったりです。塩、こしょうの素朴な味に白ワインとローリエを足し、香りづけするのがポイント。

とり肉とカリフラワーのクリーム煮


バターと牛乳のまろやかテイストがたまりません。煮くずれたカリフラワーをとり手羽元にからめていただきます。

ベーコンでコクを出すと◎「とり肉とカリフラワーのクリーム煮」


とり肉とカリフラワーのレモンミルク煮


レモンは皮ごと使って、見た目も風味もアップさせましょう。さわやかな酸みがミルク味とマッチ。

「とり肉とカリフラワーのレモンミルク煮」


手羽元の変わりポトフ


骨つき肉からだしが出るので、スープの素は入れなくてOK。粒マスタードのピリッとした辛みが味を引き締めます。

「手羽元の変わりポトフ」


ささ身とカリフラワーのとろみ煮


ささ身に片栗粉をうすくまぶすことで、煮汁に程よいとろみがつきます。下味に酒をふると、ふっくらとした煮上がりに。

「ささ身とカリフラワーのとろみ煮」


カリフラワーを小房に分ける際は、先に葉を取り除いておくのがおすすめ。軸に包丁を入れて切り落とし、残っている葉は手ではずすとよいですよ。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //