安い&ヘルシーなむね肉をジューシーに! うまみを逃がさないとり肉レシピ5選

#食 
「とりむね肉の簡単チーズフライ」


高コスパでどんな味にもよくなじむとりむね肉。和・洋・中とさまざまなメニューにアレンジすれば、飽きることなく上手に使いまわせます。今回は、うまみを逃がさないとり肉レシピ5選をご紹介。マヨネーズやバターといった調味料を駆使して、パサつきがちなとりむね肉をジューシーな食感に仕上げてくださいね。

とりむね肉の簡単チーズフライ


【材料・2人分】

とりむね肉 1枚(約250g)、じゃがいも 2個、にんじん 1/2本、おろしにんにく 1/2片分、パン粉 大さじ5、粉チーズ 大さじ1、塩 小さじ1/2、こしょう 少々、マヨネーズ 大さじ1、揚げ油

【作り方】

1. じゃがいもは皮つきのまま八つ割りにし、水にさらす。にんじんは5cm長さで1cm四方の棒状に切る。とりむね肉は1cm厚さのそぎ切りにし、おろしにんにく、塩小さじ1/2、こしょう少々をもみ込む。

2. ポリ袋にパン粉大さじ5、粉チーズ大さじ1を入れて混ぜる。1のとり肉にマヨネーズ大さじ1をからめ、ポリ袋に入れてチーズパン粉をまぶす。

3. フライパンに揚げ油を2cm深さまで入れて中温(約170℃)に熱する。じゃがいもの水けを拭き、にんじんとともに入れて約5分素揚げし、油をきる。油を高温(約180℃)に上げて2を入れ、途中で上下を返しながら約3分揚げ、油をきる。

(1人分580Kcal、塩分2.0g)

ころもをつける時は、卵の代わりにマヨネーズを使用。とりむね肉がしっとりやわらかくなり、食べやすさがアップします。多めに作っておけば、お弁当のおかずとしても活躍しそう。

とりのホイルみそ焼き


材料を重ねた上にからしみそを塗り、長ねぎをのせて蒸し焼きにしましょう。火を止めたあとも、ふたを取らずに5分おくと◎

からしみそで和風仕立てに♪「とりのホイルみそ焼き」


ロシア風チキンカツ


とりむね肉には5㎝ほどの切り目を入れ、間にバターをはさみます。加熱するととろりと溶け出すので、ソースとしてからめて召し上がれ。

「ロシア風チキンカツ」


チキンソテーねぎだれがけ


長ねぎやしょうがで作る「ねぎだれ」をソテーの上にトッピング。パンチのある味がくせになりそうです。

「チキンソテーねぎだれがけ」


とりチャーシュー


たれにははちみつを加え、コクと風味をプラスします。好みでサニーレタスと粒マスタードを添えてもOK。

「とりチャーシュー」


肉汁が出ているとりむね肉は鮮度が落ちている証拠なので、購入するのは避けた方がベター。厚みがあり、きれいなピンク色のものを選ぶのがおすすめです。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //