食卓にちょっとしたサプライズ! インパクト大な変わり種麻婆豆腐5選 画像(1/5) 「ふわふわ麻婆豆腐」

定番の作り方をマスターしたら、マンネリ防止のためにもアレンジメニューを覚えましょう。アレンジすれば見た目や風味がガラリと変わり、新たなおいしさに出会えるはずです。今回は、インパクト大な変わり種麻婆豆腐5選をご紹介。こっそり作って食卓に並べ、家族をあっと驚かせるサプライズを仕かけてみては?

ふわふわ麻婆豆腐

【材料・2人分】

寄せ豆腐 1個(約280g)、豚ひき肉 100g、長ねぎのみじん切り 10㎝分、しょうがのみじん切り 1/2かけ分、にんにくのみじん切り 1/2片分、豆板醤(トウバンジャン) 小さじ1/3~1/2、オイスターソース 大さじ1/2~2、水溶き片栗粉(片栗粉 小さじ1+水 大さじ2)、ごま油、酒

【作り方】

1. フライパンにごま油大さじ1を熱し、ひき肉を炒める。色が変わったらねぎ、しょうが、にんにくを入れて炒め合わせる。香りが立ったら酒大さじ1をふって炒め、ひき肉を端に寄せ、あいているところに豆板醤を加えて炒める。豆板醤の香りが立ったら、オイスターソースも加え、全体に炒め合わせる。

2. 1に大さじ5~6を加え、煮立ったら水溶き片栗粉を加えてとろみをつけ、好みでラー油、粉ざんしょうを加える。

3. 豆腐の水けを軽くきって皿にのせ、ラップをかけて電子レンジで2~3分加熱する。豆腐から出た水分を捨て、あつあつの2をかける。寄せ豆腐は、盛り付つける器に取り出して電子レンジ加熱すると、形をくずさず温められる。麻婆あんの味がうすまらないように、加熱後、豆腐から出た水分は捨てて。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

(1人分283Kcal、塩分1.8g)

つるんとなめらかな寄せ豆腐に、うまみが詰まった麻婆あんをたっぷりかけます。豆板醤とオイスターソースの量は、好みに合わせて調整すると◎。辛いものが好きな人は、さらにラー油や粉ざんしょうをトッピングしてもOKです。

焼き麻婆豆腐

豆腐は手でちぎってからバットに並べて水きりしてください。断面が多いと早く水分が抜けるので、調理時間の短縮につながります。

食卓にちょっとしたサプライズ! インパクト大な変わり種麻婆豆腐5選 画像(3/5) オイスターソースのコクで奥深い味わいに♪「焼き麻婆豆腐」

トマト麻婆豆腐

カットトマトは缶汁ごと鍋の中へ。豆腐を加えたら軽く煮て、豆腐全体に味をからめましょう。

食卓にちょっとしたサプライズ! インパクト大な変わり種麻婆豆腐5選 画像(6/5) 「トマト麻婆豆腐」

豆乳麻婆

豆乳は成分無調整タイプを使います。香味野菜をきかせて、あっさりした中に豊かな香りをプラス。

食卓にちょっとしたサプライズ! インパクト大な変わり種麻婆豆腐5選 画像(10/5) 「豆乳麻婆」

冷やし麻婆豆腐

豆腐は水けをよくふき取り、あんには強めにとろみをつけることで味が薄まりません。アツアツの鍋料理や煮ものの合間に食べると、心地よい“ひんやり感”を楽しめるかも。

食卓にちょっとしたサプライズ! インパクト大な変わり種麻婆豆腐5選 画像(15/5) 「冷やし麻婆豆腐」

お手頃価格で手に入れられる豆腐をメインに据えた麻婆豆腐は、節約料理としてもおすすめ。給料日前でお財布がさみしい時などにも、ぜひ作ってみてくださいね。