サプライズにもぴったり!? アミラーゼが消化も助けてくれる「長いものふわふわ焼き」 画像(1/2) 「長いものふわふわ焼き」

暴飲暴食してしまった後や胃腸炎の病み上がりなどには、お腹にやさしい料理を準備するのがおすすめ。ふんわり食感に仕上げれば口当たりもよくなり、食欲不振の時でも食べやすくなります。

今回は、「長いものふわふわ焼き」をご紹介。長いもはすりおろし、マヨネーズとめんつゆで味つけしましょう。マヨネーズが分離しないよう、溶かし込むように混ぜるのがポイント。あとはサラダ油を塗った耐熱容器に流し入れ、オーブントースターで加熱すればでき上がりです。フライパンや鍋といった大きな調理器具を使わず作れるので、気軽にチャレンジしてみては?

長いものふわふわ焼き

【材料・2人分】

長いも 1/2本、卵 2個、マヨネーズ 大さじ1、めんつゆ(3倍濃縮) 小さじ1

【作り方】

1. 長いもはすりおろしてボウルに入れ、卵を割り入れて混ぜ、マヨネーズ大さじ1、めんつゆ(3倍濃縮)小さじ1を加えて混ぜる。

2. 耐熱容器にサラダ油を薄くぬり、1を流し入れる。オーブントースターで、様子を見ながら約15分焼く。途中焦げそうな場合は、様子を見ながらアルミホイルをかぶせる。

(1人分212Kcal、塩分0.6g)

長いもは皮をむくとぬるぬるするので、すりおろす際は指をケガしないよう注意してください。先端のおろす部分だけ皮をむき、むいてない部分を持つと◎。手早くおろしたい時はおろし金でもよいですが、なめらかにしたいならすり鉢を使うとよいですよ。

サプライズにもぴったり!? アミラーゼが消化も助けてくれる「長いものふわふわ焼き」 画像(3/2) 長いものホクホク感を楽しみたいなら「長いもの梅焼き」もおすすめ!