忙しい朝は巻かずに作る! 弁当のおかずにもぴったりな具入り卵焼き5選

#食 
「野菜たっぷりチーズ卵焼き」


朝食や弁当のおかずに最適な卵焼き。今回は中に具が入ったボリュームのある卵焼きをご紹介します。

野菜たっぷりチーズ卵焼き


【材料・2人分】

カット野菜(炒めもの用) 1袋(約200g)、卵 3個、ピザ用チーズ 50g、こしょう、オリーブ油

【作り方】

1. ボウルに卵を溶きほぐし、ピザ用チーズ、こしょう少々を加えて混ぜる。

2. フライパンにオリーブ油大さじ1を中火で熱し、カット野菜を入れ、野菜が充分やわらかくなるまで約3分しっかり炒める。

3. 1を流し入れ、大きくゆっくり混ぜる。半熟状になったら、片側に寄せながら厚みを持たせて形を整え、焼き色がついたら上下を返す。焼き色がつき、中まで火が通ったら取り出し、食べやすい大きさに切る。野菜をやわらかくなるまで炒めると、卵液とよくなじみ、満足度も大!

(1人分288Kcal、塩分1.0g)

カット野菜を使うことで大幅に時短できるアイデア卵焼き。チーズの香ばしいコクとたっぷりの野菜で、メインのおかずとしても満点の食べごたえです。卵液をしっかりなじませるために、カット野菜はしっかりやわらかくなるまで炒めてくださいね。

玉ねぎの卵焼き


卵液にあらかじめしょうゆを加えて味つけすると、風味が変わって時短にもなります。香ばしい焼き上がりにするため、ごま油は2回に分けて加えましょう。しんなりした玉ねぎのやさしい甘みを堪能して。

じんわり甘くて香ばしい「玉ねぎの卵焼き」


春菊とツナの卵焼き


春菊の香りを消さないためにゆで時間は短めでOKです。かさ増しにもなる“えのき”の食感はアクセントとしても優秀で、味にクセがないのでツナのうまみを邪魔しません。春菊をゆでる湯に少しの油を加えると、ゆであがりの色が鮮やかになるのでお試しあれ。

「春菊とツナの卵焼き」


ねぎ卵焼き


たった5分で完成するので、忙しい朝などにぴったりです。卵液にあらかじめ調味料と万能ねぎを混ぜて焼くだけなので、失敗しづらい点も◎。具や味つけがシンプルなだけに、焦がしじょうゆの風味が強く香ります。

「ねぎ卵焼き」


切り干し大根卵焼き


ナンプラーや切り干し大根を使ったちょっとエスニックなアレンジ。ごま油・にんにく・ナンプラーとパンチの強い調味料を使っているものの、切り干し大根が全体をなじみ深い味わいにまとめてくれます。最後に加えるごま油は鍋肌から回し入れることで、いっそう香り高い仕上がりに。

「切り干し大根卵焼き」


卵焼きは弁当にいれるおかずとしても定番です。飽きずに楽しむためにも、レパートリーは多めにマスターしておきましょう。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //