疲れた時こそ、野菜を食べたい…。そんな日を救う「5分で作れる春野菜スープ」 画像(1/5) 「新玉ねぎと梅干しのスープ」

栄養豊富な「旬野菜」は、疲れている時にも重宝しますよね。今回は、「5分」でできる春野菜たっぷりのスープ5選を紹介します。

新玉ねぎと梅干しのスープ

【材料・2人分】

新玉ねぎ 1個、梅干し 1~2個、青じそのせん切り 2枚分、だし汁 2カップ、酒、しょうゆ

【作り方】

1. 新玉ねぎの切り口の青くなっている部分は1~2cmを切り落とす。根元は普通の玉ねぎと違ってやわらかいため、根元ギリギリのところに包丁を入れ、薄く切り落とし、縦半分に繊維に沿って1cm幅に切る。梅干しは種を除いて3~4等分にちぎる。

2. 鍋にだし汁を入れて熱し、沸騰したら新玉ねぎを加えて約2分煮る。酒大さじ1、しょうゆ大さじ1/2、梅干しを加えてひと煮立ちさせる。器に盛り、しそをのせる。

(1人分47Kcal、塩分1.6g、調理時間5分)

だし汁がたっぷり染みこんだ新玉ねぎと、酸っぱい梅干しの組み合わせが絶妙。仕上げとして、青じそのせん切りを添えれば見栄えもバッチリです。梅干しを崩しながら食べると、スープに酸っぱさが広がり香りもGOOD。

にらともやしの中華スープ

今が旬のにらと、シャキシャキのもやしをふんだんに使った1品です。鍋に入れる前に、もやしのひげ根は取り除いておきましょう。器に盛ったあとにラー油を回しかければ、より中華の風味が増します。

疲れた時こそ、野菜を食べたい…。そんな日を救う「5分で作れる春野菜スープ」 画像(3/5) シャキシャキの食感が堪らない!「にらともやしの中華スープ」

ごろごろかぶのトマトスープ

ベーコンのうまみが詰め込まれたトマトスープに、ごろごろサイズに切ったかぶが食べ応え抜群。かぶは皮も食べられるので、剥かずに4~6つ割りにしてください。かぶが柔らかくなったタイミングで、葉を入れて調味料を加えると◎

疲れた時こそ、野菜を食べたい…。そんな日を救う「5分で作れる春野菜スープ」 画像(6/5) 「ごろごろかぶのトマトスープ」

セロリのミルクスープ

セロリは薄く斜めにスライスし、葉は5mm程度に切ると食べやすくなります。小麦粉を入れた後は、粉っぽさがなくなるまで炒めるのがポイント。シチューのような味を楽しみたい人にうってつけのスープです。

疲れた時こそ、野菜を食べたい…。そんな日を救う「5分で作れる春野菜スープ」 画像(10/5) 「セロリのミルクスープ」

にら玉スープ

トロトロたまごと歯応えの良いとりの皮が口の中で混ざり合い、まろやかな口当たりに包まれます。水溶き片栗粉を加えることで、スープがよりトロっとした触感に。溶きたまごを流し入れたら、お好みの固さで火を止めて召し上がれ。

疲れた時こそ、野菜を食べたい…。そんな日を救う「5分で作れる春野菜スープ」 画像(15/5) 「にら玉スープ」

「5分」で作れるので、朝のちょっとした時間や夜食に作ってみるのもよさそうです。この機会に、是非一度作ってみてはいかが?