大定番を改めておさらい! おいしく仕上がる肉野菜炒めが3選 画像(1/3) 「肉野菜炒め」

野菜と肉の黄金コンビが食欲をそそる肉野菜炒め。お弁当や夕食のおかずなど、様々な場面で活躍しますよね。今回は、ベーシックながら幅を持たせた肉野菜炒め3選をご紹介します。

肉野菜炒め

【材料・2人分】

豚こま切れ肉 100g、下味(しょうが汁 小さじ1/2、酒 大さじ1/2、塩 少々)、キャベツ 2~3枚、にんじん 3cm、まいたけ 1/2パック(約50g)、絹さや 8本、サラダ油、塩、しょうゆ、こしょう、ごま油

【作り方】

1. ボウルに豚肉、下味の材料を入れてもみ込む。

2. キャベツは軸をめん棒でたたき、食べやすい大きさにちぎる。にんじんは皮むき器で1~2cm幅に薄く削る。まいたけは小房に分ける。かたいにんじんを切るのも、皮むき器なら簡単! まるのまま3cm長さ、1~2cm幅を目安に薄く削り、残りは別の料理に使って。

3. フライパンにサラダ油大さじ1/2を熱し、1をほぐしながら炒める。色が変わったら、にんじん、キャベツ、絹さや、まいたけの順に加え、そのつど油がまわるまで炒める。

4. 塩小さじ1/3、しょうゆ小さじ1/3、こしょう少々を加え、炒め合わせる。ごま油少々を回し入れる。

(1人分195Kcal、塩分1.5g、調理時間10分)

4種の野菜を使ったカラフルな肉野菜炒め。野菜は「にんじん、キャベツ、絹さや、まいたけ」の順に入れて、そのつど油がまわるまで炒めてください。しょうがの香りが食欲を増進し、箸が止まらなくなります。

肉野菜炒め

最初に豚肉を弱めの中火で蒸し焼きにします。脂や肉汁が出たところで野菜を炒めるのがポイント。合わせ調味料でとろみをプラスした豚肉は、なめらかな口当たりがたまりません。小さく切ったピーマンとにんじんの配色が鮮やかなので、食卓に並べれば見栄えもアップ。

大定番を改めておさらい! おいしく仕上がる肉野菜炒めが3選 画像(3/3) 卵でまろやかさをプラス!「肉野菜炒め」

肉野菜炒め

ほうれん草とほぼ同レベルのカロテンを含む小松菜は、子どものお弁当にもうってつけの食材。フライパンの中央を空けて調味料を加えると、具材全体に味がなじみやすくなりますよ。夕飯やお弁当のおかずにピッタリな1品です。

大定番を改めておさらい! おいしく仕上がる肉野菜炒めが3選 画像(6/3) 「肉野菜炒め」

野菜を切って豚肉と炒めるだけなので、時間がない人にもおすすめです。この機会に、肉野菜炒めの魅力を再発見してはいかが?