旬のピーマンを中華でいただく♪ 基本をおさえたチンジャオロースー3選 画像(1/3) 「青椒肉絲(チンジャオロースー)」

春から夏にかけて旬をむかえるピーマン。今回は、ピーマンをおいしく食べられるチンジャオロースー3選をご紹介します。色合い豊かな1品で、食卓をより華やかに彩りましょう。

青椒肉絲(チンジャオロースー)

【材料・2人分】

豚しょうが焼き用肉 4枚(約160g)、ピーマン 4個、ゆでたけのこ 50g、中華のたれ(オイスターソース、酒 各小さじ2、しょうゆ 小さじ1、ごま油 小さじ1/2、塩、こしょう 各少々)、片栗粉、サラダ油

【作り方】

1. 豚肉は5mm幅に切り、片栗粉小さじ1、水小さじ2をもみ込む。ピーマンは縦半分に切って横細切りにする。たけのこは細切りにする。

2. フライパンに油小さじ1を中火で熱し、たけのこ、ピーマンを順に入れて炒める。ピーマンが鮮やかになったら取り出す。

3. 続けて油小さじ1を足して中火で熱し、豚肉を入れて炒める。肉の色が変わったら中華のたれを加え、よくからめる。2を戻し入れ、さっと炒め合わせる。肉にしっかり味をつけるのが、ポイント。

(1人分293Kcal、塩分1.4g)

肉に片栗粉をまぶすと、パサつかず味がよくからむのでおすすめ。とろとろの中華たれと豚肉がなじめばできあがりです。ごま油とオイスターソースで中華風の甘辛い仕上がりに。まろやかな塩みのきいた味つけは、ビールとの相性も◎

とりむね肉の青椒肉絲

とりむね肉は、調味料、片栗粉と一緒にポリ袋に入れて味つけします。しょうがの千切りを先に炒めておくのが香りを引き立てるコツ。淡泊なむね肉とさっぱりしたしょうがの風味が相性抜群で、食欲が増進するはず。

旬のピーマンを中華でいただく♪ 基本をおさえたチンジャオロースー3選 画像(3/3) しっとり食感のゆでたけのこがアクセント!「とりむね肉の青椒肉絲」

乱切りチンジャオロースー

中華風に味つけされた牛肉のうまみで箸が止まらない1品。しいたけのだしが牛肉にしみて、より深みのある味わいが楽しめます。ごろごろサイズの野菜もボリューム満点。インパクトのある見た目で食卓の定番メニューになるかも。

旬のピーマンを中華でいただく♪ 基本をおさえたチンジャオロースー3選 画像(6/3) 「乱切りチンジャオロースー」

弁当のおかずとしても活躍するチンジャオロースー。レシピごとに使う肉が違うので、その時ストックしてある食材でトライできますよ。