旬のかぶを“生”のまま! さくっと作れる洋風簡単サラダ5選

#食 
「かぶの玉ねぎドレサラダ」


旬真っ只中のかぶは、栄養がたっぷりでビタミンCも豊富。今回は、かぶを生のまま食べられる洋風サラダ5選をご紹介します。

かぶの玉ねぎドレサラダ


【材料・2人分】

玉ねぎ 1/4個、かぶ 2個、かぶの葉 1個分、オリーブ油、酢 各大さじ1、砂糖、粒マスタード 各大さじ1/2、塩 小さじ1/4、ドライハーブ(ミックスハーブなど好みのもの)、こしょう 各少々

【作り方】

1. 玉ねぎはすりおろしてボウルに入れる。オリーブ油、酢各大さじ1、砂糖、粒マスタード各大さじ1/2、塩小さじ1/4、ドライハーブ(ミックスハーブなど好みのもの)、こしょう各少々を加えて混ぜる。

2. かぶは縦半分に切って横薄切り、かぶの葉は小口切りにし、水にさっとさらして水けをきる。器に盛り、1をかける。

(1人分107kcal、塩分0.9g)

変わり種のドライハーブにオリーブ油などを加えて、すっきりした香りを引き立てます。縦半分に切ったかぶは横薄切り、葉は小口切りにしてから水にさらしましょう。生のかぶに、玉ねぎドレッシングが染みこんだ味わい深いサラダですよ。

かぶと生ハムのさっぱりサラダ


かぶにレモン汁を追加して、口当たりを酸っぱく仕立てます。かぶの葉を加えたら、味が全体に広がるようしっかり混ぜ合わせてください。塩けがほどよく料理になじんで舌触りも◎。生ハムは大きくちぎっておくのがポイントです。

かぶの葉も一緒に食べられる!「かぶと生ハムのさっぱりサラダ」


かぶとりんごのサラダ


りんごとかぶのシャキシャキした食感が絶妙にマッチ。ピリッと辛いマスタードは、サラダのさわやかな味わいにアクセントをプラスしてくれます。りんごの皮をつけたままいちょう切りにすると、皮の赤色が際立って料理の彩りがアップ。

「かぶとりんごのサラダ」


かぶとトマトのサラダ


トマトとかぶにクレソンを添えることで、高級感のある1皿に大変身。かぶとトマトは8等分のくし形、クレソンは5~6cmの長さに切れば食べやすくなります。最後にオリーブ油と塩こしょうなどで味つけして上品にめしあがれ。

「かぶとトマトのサラダ」


かぶとハムのサラダ


かぶの皮をむいてカットしたあと、ラップをかけて1分間レンジでチンします。レモンとハムは4等分の大きさが丁度よく食べられてGOOD。レモンの風味が箸休めにピッタリで、朝食だけでなく夕食のサイドメニューにも用意したい料理です。

「かぶとハムのサラダ」


身が丸いものや葉が青々としているかぶは、新鮮である証。今の季節におすすめなフレッシュなサラダを、ぜひ作ってみてはいかが?

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)