仕上げに混ぜるだけ♪ 海藻類最強のカルシウム量「ひじき」のご飯5選 画像(1/5) 「牛肉とひじきの混ぜご飯」

炊いたご飯に具材を混ぜる「混ぜご飯」なら、ご飯を好みの量に調節可能。ひじきの混ぜご飯は、手軽に作れて栄養満点なのでおすすめです。

牛肉とひじきの混ぜご飯

【材料・2人分】

ひじき(乾燥)5g、しいたけ 6枚、牛切り落とし肉 120g、ごま油 小さじ2、合わせ調味料(酒、みりん、砂糖、しょうゆ 各大さじ1)、温かいご飯 330g(米1合分)

【作り方】

1. ひじきは水でもどし、水けをきる。しいたけは軸ごと四つ切りにする。牛切り落とし肉は、大きければ食べやすく切る。

2. フライパンにごま油小さじ2を中火で熱し、1を入れて炒める。肉の色が変わったら、合わせ調味料を加え、汁けがなくなるまで炒める。

3. ボウルに温かいご飯と2を入れ、さっくりと混ぜ合わせる。

(1人分553kcal、塩分1.5g)

しょうゆベースの甘辛い味わいが食欲をそそる1品。フライパンで汁けがなくなるまで具材を炒め、ご飯とさっくり混ぜ合わせれば完成です。栄養価の高い牛肉とカルシウム豊富なひじきで、不足しがちな栄養をチャージしましょう。

たことひじきの混ぜご飯

棒状に切ったじゃがいものほくほくした食感と、たこの歯ごたえがたまりません。オリーブ油で具材を炒めたら、スープの素と酒を加えて蒸し焼きにします。できた具材をご飯と混ぜ合わせ、うまみを吸わせるのがコツ。

仕上げに混ぜるだけ♪ 海藻類最強のカルシウム量「ひじき」のご飯5選 画像(3/5) たこのもちもち食感がやみつき!「たことひじきの混ぜご飯」

ひじきとしその混ぜご飯

ふっくらしたひじきとコーンの甘さが絶妙な味わいの混ぜご飯です。お好みで青じそのせん切りをのせてもGOOD。しそのさわやかな香りが口の中に広がります。ひじきはくせがなく食べやすい食材なので、気軽にトライしてみてください。

仕上げに混ぜるだけ♪ 海藻類最強のカルシウム量「ひじき」のご飯5選 画像(6/5) 「ひじきとしその混ぜご飯」

さっぱりひじきご飯

レンジを活用すれば、簡単にひじきの煮ものが作れます。しょうがのせん切りをひじきに入れて風味をアップ。きゅうりは薄い小口切りにし、塩をふってもみましょう。塩もみきゅうりが加わることで、さっぱりとした味わいに。

仕上げに混ぜるだけ♪ 海藻類最強のカルシウム量「ひじき」のご飯5選 画像(10/5) 「さっぱりひじきご飯」

ひじきご飯

鍋を使わずに調理できるので、時間がないときや忙しい日にうってつけなレシピです。にらとひじきには、疲労回復効果のある栄養がたっぷり。レンジで具材を加熱したら、ラップをかけたまま5分おいて蒸らします。汁けをきった具材にご飯を入れ、さっくり混ぜればできあがり。

仕上げに混ぜるだけ♪ 海藻類最強のカルシウム量「ひじき」のご飯5選 画像(15/5) 「ひじきご飯」

ひじきは昔から、「食べると長生きする」といわれるほど栄養価の高い食材。ひじきの混ぜご飯で、健康的な食事を目指してみては?