生でもおいしいからラク!  使える野菜「ズッキーニのツナあえ」 画像(1/2) 塩もみしたズッキーニで歯ごたえよく

生で食べるイメージのないズッキーニですが、実は加熱しなくてもおいしいんです! 生食に最適なのは、まさに今の時期のズッキーニ。旬の初めのズッキーニは皮がやわらかく、薄切りにしてサラダにすると美味。この時期だけのみずみずしいおいしさを、ぜひ味わってみて。生で、焼いて、煮込んでおいしいズッキーニは、アレンジ広がる使える野菜。きゅうりのような見た目に反して、食感はなすによく似ているので、もし調理法に迷ったらなすを使うメニューに置き換えてみるのもアリかも!?


ズッキーニのツナあえ

【材料】(2人分)

ズッキーニ 1本、ツナ缶 小1缶(約80g)、白いりごま 小さじ1/2、塩、こしょう


【作り方】

1.ズッキーニはへたとお尻の両端を切り落とし、縦半分に切ってから斜め薄切りにする。

2.塩小さじ2/3をふって軽くもみ、しんなりするまで約5分おく。

3.水けをしっかり絞ってボウルに入れ、ツナ缶を缶汁ごと加え、いりごま、こしょう少々も加えてあえる。

(1人分125kcal、塩分1.9g、調理時間10分)