お疲れボディに効くメニュー!  不足しがちな栄養たっぷり「豚にら炒め」 画像(1/3) オイスターソース味が白いご飯によく合う

疲れが取れない、やる気が出ない……。それ、たんぱく質不足が原因かもしれませんよ。夏は基礎代謝が高まり、いつも以上にたんぱく質の消費量が増える季節。たんぱく質は人間の体を作る大切な栄養素なのにも関わらず、暑いからと連日麺メニューで食事を済ませていると、たんぱく質が不足して疲れやすくなってしまうのです。そんな人には、「豚にら炒め」が◎。豚肉にはたんぱく質と、炭水化物を効率よくエネルギーに変換するビタミンB1が豊富に含まれています。そのうえ、ビタミンB1の吸収を高めるにらとにんにくも入っているので、夏のお疲れボディには効果てきめん! 「豚にら炒め」をモリモリ食べて、今週も元気に過ごしましょう!


豚にら炒め

【材料】(2人分)

にら 1わ、豚こま切れ肉 150g、下味(塩、こしょう、酒、片栗粉 各少々、にんにくのみじん切り 小さじ1、しょうがのみじん切り 小さじ1)、もやし 1/2袋、合わせ調味料(酒 大さじ1、オイスターソース、しょうゆ 各小さじ1、とりガラスープの素 小さじ1/2、塩、こしょう、砂糖 各少々)、ごま油


【作り方】

1.にらは根元に汚れがついていることがあるので、ボウルの中でもみほぐすように洗い、4~5cm長さに切る。根元は太いものは縦に切り目を入れる。豚肉は下味を加えてもみ込む。

お疲れボディに効くメニュー!  不足しがちな栄養たっぷり「豚にら炒め」 画像(3/3) 根元が太いものは、縦に切り目を入れる

2.フライパンにごま油大さじ1を熱し、にんにく、しょうが、豚肉を入れて炒め、香りが立ったらもやし、にらの根元を加えてさらに炒める。肉の色が変わったら、にらの葉先を加えてさっと炒め合わせ、合わせ調味料を回し入れて全体にからめる。

(1人分300kcal、塩分1.9g、調理時間10分)