冷蔵庫にある食材でイケる! いろいろ野菜を使ったきんぴら5選

#食 
「もやしとちくわのきんぴら」


ごぼうやれんこんといった根菜のイメージが強い「きんぴら」ですが、実はもやしやねぎなどさまざまな野菜で作ることができます。ご飯との相性もばっちりなきんぴらを、いつもとは違う食材で作ってみましょう。使う食材が少ないので、野菜が余ってしまったときにも活用してみて。

もやしとちくわのきんぴら


【材料・2人分】

もやし 1/2袋、ちくわ 2本、赤とうがらしの小口切り 1/3本分、ごま油、しょうゆ、砂糖

【作り方】

1. ちくわは小口切りにする。フライパンにごま油小さじ2を熱して赤とうがらしを炒め、香りが立ったらちくわを加えて炒める。

2. 油がまわったらもやしを加えて強火でさっと炒め、しょうゆ小さじ2、砂糖小さじ1を入れて炒める。

(1人分92Kcal、塩分1.5g)

もやしとちくわで作る低カロリーなきんぴらです。もやしのシャキシャキ感とちくわのもっちり感がやみつきになりそう。ごま油を使って炒めることでこうばしさがアップします。赤とうがらしのピリッとした辛さがアクセントに。

ダブルいものマヨきんぴら


ほくほくとした長いもとさつまいもの組み合わせがGOOD。いもを2種類使うことで、腹持ちのいい副菜ができあがります。

マヨネーズのまろやかさがマッチした「ダブルいものマヨきんぴら」


ねぎと油揚げの塩きんぴら


粗びき黒こしょうの辛みがおつまみにもぴったり。ねぎと油揚げはさっと炒めてうまみを引き出してください。

「ねぎと油揚げの塩きんぴら」


かぼちゃのきんぴら


かぼちゃは薄切りにし、赤とうがらしは半分にちぎって種を除きます。かぼちゃのまったりした甘さで子どももよろこぶ1品。

「かぼちゃのきんぴら」


しめじとピーマンのきんぴら風


しめじ、ピーマン、みりん、しょうゆ、オリーブ油をあえたら、ラップをかけてレンジで加熱するだけ。オリーブ油の風味で洋風なきんぴらに仕上がります。

「しめじとピーマンのきんぴら風」


きんぴらはお弁当やちょっとした副菜などで大活躍する和食の定番メニュー。いろいろな野菜を使ったきんぴらで、和食のレパートリーを広げてみませんか?

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //